ゆでたまごひめとみーとどろぼーる

著者 :
  • 教育画劇
3.65
  • (5)
  • (9)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 78
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774613857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 反応良好だった前作に続いて、この続編も読み聞かせしようとしたら、「またこれかよ~」と言いながらも4歳2ヶ月の息子ニッコニコの満面の笑み。
    今度はみーとどろぼーるたちにお城のお宝を奪われて、ゆでたまごひめが奪還に向かう。あれやこれやで、姫がみーとどろぼーるたちの新入りとして加入wノリノリでサンドイッチのお城に忍び込む。どうなることかとハラハラさせながら笑わせる展開が面白い。
    ゆでたまごひめの救出成功場面では、歓声を上げて大喜びの息子だった。

  • 5歳児と一緒に音読したら、みーとどろぼーるがみーとぼーると、あれどろが抜けてる!と抜けどころ満載。音読するには長くもなく、短くもなく程よいページ数だった。

  • みーとどろぼーる、ナイスなネーミングだね♪

  • 978-4-7746-1385-7 33p 2014・11・1 初版

  • おもしろーいととても気に入ってました

  • みーとどろぼーる…楽しそうではないか?この名前だけで買ってしまった。
    お弁当箱のお城に住むゆでたまごひめ。
    こどもたちもよく知っている食卓の上で、魅力的なキャラクターたちがくりひろげる捕り物劇は、こどもたちの心もつかまえることまちがいなし、です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

苅田澄子
埼玉県に生まれる。
出版社勤務の後、フリーで編集をしながら、児童文学作家・小沢正氏に師事。『いかりのギョーザ』(佼成出版社)でデビュー。そのほかの作品に、『じごくのラーメンや』(教育画劇)、『だいぶつさまのうんどうかい』(アリス館)など多数。
つちだのぶこ氏との作品に『おんなじ おんなじ おんなじね』(学研)、『かさじおやぶん いっけんらくちゃく!』(小学館)がある。

「2019年 『へっこきへのた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

苅田澄子の作品

ツイートする