危ないカラダになっていく (セシル文庫 し 3-2)

著者 :
制作 : 夏咲たかお 
  • コスミック出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774721835

作品紹介・あらすじ

精神生命体として病院の中で楽しんでいた僕は、ある日かつぎこまれてきた救急患者の身体の中にいきなり吸いこまれてしまった!!元の持ち主はもうこの身体がいらないらしく、とっとと天に昇ってしまう。呆然としている僕は木島和紀という人間として暮らすことになったが、和紀は天才産業デザイナーでめちゃくちゃ我が侭、一緒に住む兄を困らせていたらしい。その兄はまさに僕の理想の男性像で…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単純に面白かったです

    主人公は名前も身体も持たない、ユーレイさん
    意識を無くしてる患者さんの身体に潜り込み、身体を借りてお散歩したりなんかしてるんですね

    ツッコミどころ満載なんだけど、テンポ良く読めるんです
    (真面目に読むと、不謹慎極まりないかも…)

    何故『危ないカラダ』なのかは、不明;

全1件中 1 - 1件を表示

危ないカラダになっていく (セシル文庫 し 3-2)のその他の作品

しみず水都の作品

危ないカラダになっていく (セシル文庫 し 3-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする