よわむし同心信長―天下人の声 (コスミック・時代文庫)

著者 :
  • コスミック出版
3.44
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774722474

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 織田信長の史書を読むのが大好きな『よわむし信長殿』こと信藤長次郎。彼はとある事故がきっかけで、頭の中に本物の信長が住み着いてしまう。そして、猿にそっくりで太閤秀吉を思い起こさせる小者・藤吉郎と共に定町廻りとして活躍してゆく…という、そんな話。戦国時代好きな方や時代劇好きな方まで楽しめる本です。テンポがよく読みやすく、よわむしな長次郎が段々成長していく姿も見ていて楽しいです。続編が出ているようなので近々購入を検討しています。

  • 2/2-2/3

  • 2009.07.28
    江戸の時代に興味津々で、好き勝手にあれこれ言う信長さまがなんだか可愛い。

  • 御屋形様の角が取れて大変丸くなっております。丸過ぎるんじゃないかってぐらい丸い。

  • 奉行所勤めの長次郎は、気弱な性格で周囲からも馬鹿にされる存在。唯一の楽しみは、早々に家へと帰り織田信長に関する書物を読みふけること。
    そんな長次郎がなぜかキレ者揃いの定町廻りに配属され、慣れないながらも手柄を立てようと奮闘する中、頭を強く打ったことで、頭の中に織田信長の声が聞こえるようになる。
    ひょんなことから豊臣秀吉そっくりの藤吉郎を家来にし、頭の中の信長の叱咤激励と藤吉郎の機転から、次々と手柄を立て始め、新たな人生をスタートさせる。

    (2009/3/14 読了)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九六一年岐阜県岐阜市生まれ。法政大学経営学部卒。会社員の傍ら時代小説を執筆。二〇〇七年より作家活動に専念。主な作品に、「居眠り同心影御用」シリーズ、「千代ノ介御免蒙る」シリーズ、「道具侍隠密帳」シリーズ、「佃島用心棒日誌」シリーズ、『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』などがある。

「2018年 『最後の名裁き 大岡越前ふたたび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よわむし同心信長―天下人の声 (コスミック・時代文庫)のその他の作品

早見俊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 賢一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする