浪人若さま新見左近―おてんば姫の恋 (コスミック・時代文庫)

著者 :
  • コスミック出版
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774723990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若さまの敵対する派閥ってひとつじゃないのね。

  • おてんば、という意味がそぐわない。
    恋、というほどの進展もないし。
    相変わらず。

  • L 浪人若さま新見左近3

    確かに痛快なんだけど左近の活躍がない章もあって期待はずれ。某藩の姫君も市中に出てくるも再登場を臭わせながらそのまんまだし。お琴についてもそのまんま。とうとう次期将軍争いが表面化してきたので良しとするか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967年、広島県生まれ。2003年に架空戦記でデビュー以降、執筆活動に入る。痛快時代劇の大ファンで、数多くの時代小説や歴史と文化の書物を紐解くうちに物語が膨らみ、2010年に時代小説デビュー。著書に「浪人若さま新見左近」シリーズ(コスミック時代文庫)、「公家武者松平信平」シリーズ(二見時代小説文庫)、「公家武者信平」シリーズ(講談社文庫)、「もののけ侍伝々」シリーズ(角川文庫)、「若旦那隠密」シリーズ(幻冬舎文庫)、「あきんど百譚」(双葉文庫)などがある。今、最も注目されている時代小説作家の一人。

「2018年 『覚悟の登城 身代わり若殿 葉月定光2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浪人若さま新見左近―おてんば姫の恋 (コスミック・時代文庫)のその他の作品

佐々木裕一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする