黒の将軍と東の塔の魔女 (マリーローズ文庫)

著者 :
制作 : 天野 ちぎり 
  • コスミック出版
3.68
  • (4)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774725833

作品紹介・あらすじ

実の親にさえ魔女と恐れられ、城の塔に幽閉されていた第一王女アレクサンドラ。そんな彼女を連れ出したのは獰猛な男レオニダス。彼はイグニス国の将軍で、ここシルワにも戦いをもとめて攻め入ってきたのだった。国王一族は逃げ出し、一人残されたアレクサンドラにレオニダスは言う。「俺がおまえをシルワの女王にしてやる。俺の子を産め。俺は自分の国が欲しい」アレクサンドラの運命は。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵師買い。
    正直、文章なんて飾りですよwwうはwwって気持ちで買ったが、丁寧でわかりやすく、さくさく読めた。
    展開については可も無く不可もなく。
    地雷ではない、がオヌヌメするほどでもなし。

  • いや、あらすじから想像していたよりも存外普通でして。
    もっと野獣なのかと思っていたら、野獣と言うよりワンコでしたよ? 
    これは逆の意味でのあらすじ詐欺。

  • 「銀の王子と琥珀の姫」のスピンオフ。黒の将軍のイメージがかなり違う。もう少し、ゴツゴツしたタイプを想像していたのだが…。

  • 先にこちらを読んでしまったのですが
    前作の銀の王子から読めば良かったなって思いました。
    両方読んでみて、私は銀の王子の方が
    内容的に好きでした。

    ヒロインがあんまり可愛くない(性格的に)

    あとストーリーで、レオニダスがあっさり毒を盛られてしまうところはちょっと油断し過ぎで腑に落ちない。さらに、その後の自然治癒も納得いかない。ハーブのことに詳しいヒロインなんだから、それでなんとかして助けて欲しかった。
    いろいろ納得いかないお話でした。

  • 銀&琥珀よりは、こっちが好きだったー!
    レオの男っぷりがいい!
    アレクはやや武装系女子だし、いい組み合わせでした。
    設定も良かったなー!
    個人的に、魔女とかハーブとか書物あたりに弱いみたい(笑)

    ジークとエルも出てきてくれて嬉しい。
    しかも3人目をご懐妊って…愛ですな。

  • ヒロインの言葉遣いの悪さよ。。なぜ、今までと違う言葉遣いになるの?と思う場面が数カ所。レオニダスは超自然体。いや、裸族とかそんな意味でなく、いろいろ考えてはいるんだろうけど、とりあえずやってみるかって方。そして、それが意外といい方に向かう、そんな運の持ち主っぽい。ヤンチャなイメージもあるけどね。スピンオフのフロリアンといい、今回のディミトリオといい、脇をかためるキャラがいい味だしてる〜♪

  • 最後の最後まで取っておく内容の方が個人的には好きだが、急展開で終わってしまったのは残念。

  • 前作の『銀の王子~』で微妙な悪役?だったレオニダスが置き去りにされたアレクサンドラ王女を嫁にして国盗りする話。魔女扱いで塔に幽閉されていた割に常識的で冷静なアレクサンドラのツン属性が、レオニダスの破天荒キャラとは結構相性は良かったかも。しかし、世間の人たち魔女怖がりすぎだろう、という盲目的な差別設定がいまいちしっくりこなかった。

  • 前作「銀の王子と琥珀の姫」に出てきていたレオニダスのお話。前作のジークフリートとエルウィンも出てきてて、すでに子持ちでした。

    レオニダスはあらすじにあるような獰猛な男ではなく、アレクサンドラに対して意外と真面目で、Hシーンはあっさりでした。

    ただ、アレクサンドラの言葉遣いが妙に気になりました。丁寧な口調のときに「おまえ」っていうのが何度も入ってて、「そこはあなたじゃない?」って。

    それ以外は特に突っ込むところもなく、普通かなって思いました。

全11件中 1 - 10件を表示

黒の将軍と東の塔の魔女 (マリーローズ文庫)のその他の作品

姫野百合の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

黒の将軍と東の塔の魔女 (マリーローズ文庫)はこんな本です

ツイートする