プリンセス・パイレーツ―伯爵令嬢は蜜愛に溺れる (マリーローズ文庫)

著者 :
制作 : 天野 ちぎり 
  • コスミック出版
3.29
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774726724

作品紹介・あらすじ

父親が賭け事に負け、海軍中将に嫁ぐことになったエミリアーナは彼に会うために豪華客船に乗っていた。ところが海賊に襲われ、さらわれてしまう。海賊船に乗せられたエミリアーナは船長ジャンの戦利品として扱われ、処女を奪われてしまう。粗野で下品なジャンに反発するものの、いつのまにか何事にもとらわれないジャンのペースにはまってしまい、身も心もとろけて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性向け官能小説。借金のかたに嫁にという王道からの略奪愛なのだが、そのままズブズブとという話。本来の婚約者からのヒロインへの軽蔑と弾劾は女性の視点だよなぁと関心する。

  • 海賊に攫われた貴族のお嬢様っていう設定はよくありますが、オチは予想外だったかな。

    エミリアーナが会いに行っているエドアルド=ジャンっていうオチかと思ったら、全然別人で、しかも事前にあんなにプレゼントを寄こしておきながら、愛人を何人も囲っている人間だったとは思いませんでした。

    途中までエドアルドがジャンの兄とかで、フラフラ海賊してる弟のことを思って、勝手に縁談組んだっていうオチになるのかと思ってました。ジャンが勝手に決められた縁談を嫌って、エミリアーナをからかいにいって、逆に惚れちゃったってのもおもしろいんじゃないかなぁ。

    イラストは天野ちぎりさん。
    やっぱり、イラストがきれいだと違いますね。

全2件中 1 - 2件を表示

プリンセス・パイレーツ―伯爵令嬢は蜜愛に溺れる (マリーローズ文庫)のその他の作品

伊織みなの作品

ツイートする