浪人若さま新見左近―大名盗賊 (コスミック・時代文庫)

著者 :
  • コスミック出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774728285

作品紹介・あらすじ

甲府藩の大名であり、将軍・徳川綱吉の甥である新見左近は、幕閣としてではなく、あえて市井にくだって世を正さんとする快男児。ぼろ屋敷に住まう浪人をよそおいながら、もってうまれた正義感と葵一刀流の剣さばきで、さまざまな事件を解決してきた。そんな左近の前に現れたのは、将軍家御用達の商家ばかりを狙い、一家皆殺しのうえ火付けをおこなう、極悪非道の盗賊団。綱吉の治世をあざ笑うかのように凶行を重ねる賊に、幕府は盗賊改方を大増員。江戸の町を、徹底した管理下に置く。この異常事態のなか、ひとり左近は地道な探索を続け、ついに盗賊団の意外な正体に迫るのだが…!?大好評シリーズ第九弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋物語は進まなくて、影御用で人気者に?

  • 2016.6.28

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1967年、広島県生まれ。2003年に架空戦記でデビュー以降、執筆活動に入る。痛快時代劇の大ファンで、数多くの時代小説や歴史と文化の書物を紐解くうちに物語が膨らみ、2010年に時代小説デビュー。著書に「浪人若さま新見左近」シリーズ(コスミック時代文庫)、「公家武者松平信平」シリーズ(二見時代小説文庫)、「公家武者信平」シリーズ(講談社文庫)、「もののけ侍伝々」シリーズ(角川文庫)、「若旦那隠密」シリーズ(幻冬舎文庫)、「あきんど百譚」(双葉文庫)などがある。今、最も注目されている時代小説作家の一人。

「2018年 『覚悟の登城 身代わり若殿 葉月定光2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浪人若さま新見左近―大名盗賊 (コスミック・時代文庫)のその他の作品

佐々木裕一の作品

ツイートする