マヤ・アステカの神々 (Truth In Fantasy)

著者 :
  • 新紀元社
3.63
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775303801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本じゃあまり馴染みのないマヤ・アステカの神話や神々など。

  • メソアメリカに芽吹いた文化の数々と、歴史と人物における要約集です。
    オルメカ文明から始まりスペインによる侵略に至るまで、長い年月を高度な国家群がこの地を支配していたのだと感激します。
    多神教の神権政治が生活に直結し、これに伴う生贄の儀式は平和のために必要でした。
    多くの神々が人々の毎日に欠かせない存在であることがわかります。
    一神教のスペイン人に劣らず、多神教のマヤ・アステカ人の信仰心は強いのです。
    難しい内容ですが、読みやすい一冊。

  • 【内容】
    第1章 マヤ・アステカの歴史と文化
    第2章 マヤの神々
    第3章 グァテマラ・マヤ人の神話『ポポル・ヴフ』の世界
    第4章 現人神としての王-マヤ王国盛衰記-
    第5章 ユカタン・マヤ人の神話と予言の書『チラム・バラムの書』の世界
    第6章 メキシコ中央高原の神々
    第7章 アステカの祭祀
    第8章 アステカ王国の終焉
    マヤ・アステカ古代遺跡ガイド
    参考文献一覧

     平易な文章と、豊富な地図や絵で、マヤ・アステカの歴史や文化から詳細に解説されているので、全くマヤ・アステカの知識が無い初心者の私にも分かり易かった。著者の土方美雄氏が、マヤ・アステカと共鳴しているような所も良い。日本とは全然違うマヤ・アステカの宗教観が何となく理解出来そうな気がする。
     第5章 ユカタン・マヤ人の神話と予言の書『チラム・バラムの書』の世界で、マヤ人の宗教とキリスト教の関係について言及されていて興味深く読んだ。
     マヤ・アステカの歴史や文化に興味が湧いてきて、メソアメリカの遺跡や博物館に行ってみたくなった。

  • マヤ文明の勉強したい。

全4件中 1 - 4件を表示

土方美雄の作品

ツイートする