図解 錬金術 (F‐Files No.004)

著者 : 草野巧
  • 新紀元社 (2006年2月17日発売)
3.49
  • (7)
  • (11)
  • (28)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :144
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775304334

図解 錬金術 (F‐Files No.004)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 購入者:坂野(2010.12.13)
    鋼の錬金術師と言うアニメがありますが
    実際に錬金術が存在すると言うことで
    読んでみました。これを読んで皆さんも国家錬金術師になりませんか。
    しかし世界の歴史は面白いですね。

  • わかりやすい。錬金術について知識を得るための手がかりとなる一冊。
    おおよその概観・主だった関連用語を押さえられる。
    とにかく取っ付きがいいので、入門編としてはおすすめ。
    ただ、より詳しく知りたい向きには物足りない。参考文献一覧から、ほかの本を探してみるのがよさそう。

  • 西洋の歴史から錬金術は外せない。一時は科学とされていたくらいで、おかげで染料やビーカーなどの実験器具なんかも生まれて。
    この本は、錬金術のいろはをカンタンにまとめてある。もっと知りたい人は別のマニアックな本に進めばいいと思う。はじめの一歩に。

  • 科学の前身となった錬金術。その起源はアリストテレスからはじまる。

    澁澤龍彦とかも錬金術には多く触れているが、このように基本的な考えた方ら丁寧に触れた本はなかなかなかった。オカルトなどと無視してしまわず、結構論理的に考えられた錬金術の世界をぜひ。

  • 初心者向け。

  • この本には、様々な錬金術が書かれている。
    賢者の石とは、「哲学者の石」とも言われており、人間を不老不死にする力をもっているとも言われていた。中国では錬丹術の中にも、賢者の石について書かれていた。また、ホムンクルスというのは、人工的に人間を作るということである。 ウロボロスとは、竜が自らの尾を噛み円を描いている。これは古代の象徴でもある。意味は「不老不死」「死と再生」を表している。
    その他、色々な錬金術もある。一見、難しいそうに思えるが、読んでみるととても興味深く面白い本だった。
    昔の実験者たちは、様々な実験をやってきたんだなと思った。人工的に人間を作ってしまう技術があるのにすごく驚いた。

  • うさんくさくてグー。中学生が喜ぶ系。

  • 既読1300円

  • このうさんくささがたまらない

  • シンプルイズベスト!!
    めっちゃ分かりやすいです。簡易な辞書がわり。

全15件中 1 - 10件を表示

草野巧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
新紀元社編集部
日丸屋 秀和
中野 京子
市川 定春
有効な右矢印 無効な右矢印

図解 錬金術 (F‐Files No.004)を本棚に登録しているひと

ツイートする