ゲーム的人生論 (Role&Roll Books)

著者 : 鈴木銀一郎
  • 新紀元社 (2006年3月10日発売)
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775304549

ゲーム的人生論 (Role&Roll Books)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ゲーム会のすごいひと、こと鈴木 銀一郎さんの半生(っていうか半生以上かな)のゲーム人生を振り返る一冊。
     本当にゲームが好きなんだなぁ。

    「TRPGは時間の割りにつまらない」と思っていたことが驚いた。(今はよいGMと出会えば楽しいそうです)

  • あらためて読み直した。

    翔企画を作った人の自伝(?)
    書かれている内容は,どこまで本当なのかよくわからない。
    しかし間違いなくヒーローだ。

    こんな本いったい誰が読むんだ?という意味でも,
    価値ある一冊かも。

    中で紹介されている「ディプロマシー」というゲームが,
    ものすごく気になる。

全2件中 1 - 2件を表示

鈴木銀一郎の作品

ゲーム的人生論 (Role&Roll Books)はこんな本です

ツイートする