幻想生物 西洋編 (Truth In Fantasy)

著者 :
制作 : シブヤユウジ 
  • 新紀元社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775308233

作品紹介・あらすじ

神話、伝承、ファンタジー作品に登場する怪物・モンスターの基本的なエピソードの紹介から、いつ、どこで生まれ、どう変遷して現在のイメージに至ったのか、英語はもちろん、フランス語ドイツ語ラテン語の文献まで追いかけたモンスターカタログ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西洋の幻想生物、モンスターって見たり聞いたりするとワクワクします。

    でも長かったから、覚えているのは
    自分の興味のある生物だけなんですが・・。

    今の吸血鬼やオオカミ人間など・・長い時間をかけて
    人間の都合のいいように、より恐ろしく変わっていったんですね

    元はどういう生物だったのか調べるために
    ラテン語の文献まで調べるとは
    かける熱が違います

    映画などによって定着してしまった幻想生物もいるとのこと。
    確かにファンタジー物ではよく出てくるので
    その映画に出てきたビジュアルが定着してしまうのも無理はないかもしれませんね。


    自分が無知なだけだが、西洋の幻想生物って沢山いるんだなと・・・自分には読み応え抜群でした。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

ゲームデザイナー、ライター。京都大学出身。ソフトウェアエンジニアからライターへ転じ、1980年代より、テーブルトークRPG関連の書籍や雑誌記事を多数執筆。原典から最新研究までフォローすることで得た情報量と、歴史・伝承・文化・宗教・科学…といった横断的な知識に基づいた解説には、ライトファンから玄人まで、多数の支持が集まっている。主な著書は、『ゲームシナリオのためのファンタジー物語事典』『魔法事典』『幻想生物 西洋編』など。

山北篤の作品

ツイートする