幻想世界の住人たち (新紀元文庫)

  • 新紀元社
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775309414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ギリシャ、北欧、ケルトなどの神話や民間伝承に伝わるドラゴン、エルフ、ドワーフ、ケルベロスといった架空の生き物たち。こうした不思議な生き物たちを棲んでいる場所で分類し、彼らの歴史、宗教的背景も含めてわかりやすく解説。

  • 懐かしい。
    ここから、「Truth In Fantasy」が、始まったんだよね~。京都のブックストア談に、いそいそと買いに行っていた頃を懐かしく思い出します。
    あの頃の談の3階は、本当に、欲しいものがいっぱい置いてありました……(遠い目)

    今回、全部、文庫になるのかな?なって、ほしいですが、でる順番がバラバラなので、売れそうなヤツだけかな?
    こういう、無駄知識な本、大好きです。

  • Truth In Fantasyの記念すべき一冊目の記念すべき文庫化。
    以前から本屋の怪しげなコーナーにあるこのシリーズは気になっていたのですが、その当時はまだ小さかったので手が出る訳はなく、手が出ても敷居は高かったと思います。
    今回文庫化された際のポスターの絵(これの表紙絵)に一目ぼれし、手を出しました。

    この『幻想世界の住人たち』は、タイトルの通りファンタジーによく登場する人間以外の生物を扱っています。
    その範囲は神々や巨人、ゴブリンや竜と多岐に渡り、ストーリーを交えつつ読み物として面白く書かれています。
    『幻想世界の住人たち』はナンバリングがあり、「そういえば昔こんな名前のモンスターがゲームで出てきた気がする」というのが結構あるくらいマイナーなものも扱っており、ファンタジーやゲームの世界に久し振りに浸れる楽しい時間でした。

    シリーズは続々と文庫化される様なので、本棚に専用のスペースを作ろうと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1966 年、青森県生まれ。1980 年代半ばに株式会社オーアールジーに参加し、新和版『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の翻訳を手がける。
また同時期に有限会社CB's プロジェクトの立ち上げメンバーとなり、数多くのゲーム攻略本やゲームブックの執筆・編纂にかかわる。
専門は北欧神話、ケルト神話、モンスター学、生物学、宇宙論など。コンピュータおよびボードゲームに関わる書籍の執筆、
ゲームデザイン、神話やファンタジー関係の著作や翻訳、映画評論など、さまざまな分野で活躍している。
おもな書籍に『幻獣大全I モンスター』(新紀元社)、『知っておきたい伝説の魔族・妖族・神族』(監修・西東社)、
『幻獣最強王図鑑』(監修・学研プラス)、『氷の下の記憶』(北方新社)など。

「2019年 『幻想悪魔大図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

健部伸明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
新紀元社編集部
ホルヘ・ルイス ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×