作品紹介・あらすじ

帝王とは、君主国の元首である皇帝と国王のことをいう。帝国の君主が皇帝で、王国の君主が国王である。国王は一国の君主であるが、皇帝は「諸王の王」あるいは「王の中の王」として、複数の王国を支配する存在だった。封建社会の頂点に立つ帝王とはいえ、幸せだったとは限らない。権力の座を狙う者から追放されたり、暗殺されることもあった。古今東西、あまたの王朝が勃興しては滅亡した。本書では、世界の歴史に影響を与えた89の王朝を取り上げ、その皇帝・国王約2000名を紹介している。

宮城保之の作品

世界帝王事典を本棚に登録しているひと

ツイートする
×