宇宙の果ての本屋 現代中華SF傑作選

  • 新紀元社
3.56
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 183
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775320235

作品紹介・あらすじ

第41回 日本SF大賞 特別賞を受賞した立原透耶編纂の中華SFアンソロジーがついに発売。『時のきざはし 現代中華SF傑作選』に続き、掲載作家は『三体』の著者劉慈欣と並び称される、王晋康や韓松、何夕といったベテランをはじめ、梁清散、陳楸帆、宝樹など、中堅・新人の全15人。陸秋槎氏の新作「杞憂」の初邦訳作品をはじめ、20年前にこのコロナ禍を予言したかのような「死神の口づけ」(潭楷)ほか、SFから幻想譚まで豊富な内容で、表題作「宇宙の果ての本屋」(江波)は本好きなら誰もが感動する一編となっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手にした時には分厚さに驚いたけれども、読み始めたらどの作品も面白くて面白くて、いつのまにか読み終わってしまった。
    「猫嫌いの小松さん」(程婧波)には胸が温まり、「杞憂」(陸秋槎)にはスケールの大きさに圧倒された。
    「水星播種」(王晋康)と「人生を盗んだ少女」(昼温)は、読み終えた後もずっと考えてしまう良い作品。

  • 表題作が最高なアンソロジー

    中華SFって言い方好きではない。中国って方が良い。当初読みづらかったが、人物名や土地関係に慣れてくれば読み進めやすくなってきたから、ハードカバー約500ページの本作もかなりサクサク読めた。

    巻末の林譲治氏の作品紹介が、素晴らしく簡潔かつ明快で驚いたな。

全4件中 1 - 4件を表示

何夕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×