生と死の北欧神話

著者 :
  • 松柏社
3.32
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775400135

作品紹介・あらすじ

生くることは死にゆくこと。この哀しい事実に想到するとき、人は住む世界を異にしていても同じ思想に帰着するらしい-迫害と暴力、その彼方にあるものは?比較神話学や民俗学の知見をふまえ、北欧のふるき語りの宇宙に潜入する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生と死、創造と破壊が北欧神話の主要なテーマ。生と死の均衡が崩れそうな時、その原理を修復するために、一種の救済者としてたちあらわれるのがロキ。

    巫女の予言
    静粛にしてもらいたい
    あらゆる尊き族
    身分高きものも低きものも
    等しくヘイムダッルの末裔なるものよ
    戦死者の父よ、汝は望む
    この私が巧みに語るようにと
    覚えている限り昔に遡り
    命あるものの古言をはじめよ

    悠遠なる時の始め
    そこには何もなかった
    砂も海もなかった
    冷たき波もなかった
    大地はどこにも見えず
    上なる天もなかった
    ありしはギヌンガガプ
    されど草は何処にもなかった

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする