しみじみ読むアメリカ文学 (現代文学短編作品集)

  • 松柏社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775401361

作品紹介・あらすじ

あなたの大切だった人を、思い出す、追憶と再生の、12の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アーウィン・ショー「八〇ヤード独走」、 マーク・ドウティ「アトランティスそのほか」、バーナード・マラマッド「夏の読書」が特に好き。カート・ヴォネガット「家なき者」、アーシュラ・K.ル=グウィン「立場を守る」も良かった。“○○しみじみ”という寸評や扉表紙のあらすじなど、説明しすぎるきらいもあるが、各話を読み終えるごとに訳者解説が読める点は非常に良かったし、全体に「文学に親しんでもらいたい」という作り手の想いが伝わってくる短編集だった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年、東京に生まれる。明治大学文学部卒。作家、翻訳家。女子美術大学教授。はじめ批評家として文壇に登場し、演出、翻訳、小説、評伝と多彩な活動をする。代表作『ルクレツィア・ボルジア』『メディチ家の人びと』『メディチ家の滅亡』(以上、評伝)『おお季節よ城よ』(小説)など多数。今年から、選集「中田耕治コレレクション」(青弓社)が出版される。翻訳家としては、アイラ・レヴィン『死の接吻』『スライヴァー』、クライヴ・パーカー『ダムネーション・ゲーム』、アナイス・ニン『北回帰線からの手紙』(深田甫と共訳)ほか多数。

「1992年 『結婚まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アーウィン・ショーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クラリッセ・リス...
リチャード パワ...
アンナ カヴァン
リチャード ブロ...
アンドリュー シ...
コルソン ホワイ...
ヴァージニア ウ...
ウィリアムトレヴ...
ユーディット・シ...
カレル・チャペッ...
マーガレット ア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×