ラパチーニの娘―ナサニエル・ホーソーン短編集

  • 松柏社
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775401859

作品紹介・あらすじ

19世紀のストーリー・テラー、ホーソーンの真面目を伝える珠玉の短編、新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不思議な読後感。どれも独特に回りくどいというのか、寄せ付けないというのか、思わせ振りな書き味。解説を読んで筋を確認し、やっぱり解りにくいんだ(自分の読む力のなさ)と確認。表現の仕方が寓話的というのか、話自体もそういう話だけども、物語はしっかりしている。訳者はこのクラシカルさを大事にしたかったと記述してるが、ちょっとうまくないんじゃないかなあ。もっとユーモアの効いた作品もあるようで、何かそちらも手にとってみたい。

  • 「緋文字」以来のホーソーンでした。

全2件中 1 - 2件を表示

ナサニエル・ホーソーンの作品

ツイートする
×