深夜の恋愛授業 (アクアノベルズ)

著者 :
制作 : 水名瀬 雅良 
  • オークラ出版
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775505861

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『快楽主義者でセックスのエキスパート、女の子を落とすのに30分かからない色男』
    俺・秋山嵐は、主席入学ってことなんかより、大学ではそっち方面でかなり有名だ。
    2回生になって参加した新歓コンパでも、周りの期待に応えて愛想よくはしゃいでいた。
    と、そこにいた素材は良さそうだけど、イマイチ冴えない風間って新入生が、恋愛絡みの相談を持ちかけてきたんだ。
    普段はあまり頼られることなんてない俺は、良いトコ見せようとやたら張りきって恋愛御指導に乗りだした。
    だけど、この風間ってヤツが相手だとなんだか勝手が違って―。

    =================

    二男のお話も好きだったけど、
    長男のお話も好きでした。
    なんか不器用で可愛い。

  • 嵐視点で話が進んでいきますが、最初嵐が『攻め』だと思ったんですよ。
    男っぽくってね。
    『わんこ受け』だな、こりゃ。

    嵐は、セックスのエキスパートちゅうので有名な大学生。
    風間から恋愛がらみの相談を受けて、「指導」という名の下に
    あらら…な展開。
    君はノーマルじゃなかったのかい?

    どうにもこうにも、風間のお相手が気になり風間の学部へ偵察に行くと
    とんでもないうわさ話を聞く羽目に…。

    「風間はバイで、嵐を落とせるか賭けている…」と。

    ちょ〜っとばかり、よくあるパターンではないかと。
    それにノーマルな嵐が、こうも簡単に風間のイイワケが信じられたなと。

    「そんな簡単な説明で、君はゲイの道へ走るのか?」

    このあたり、もう少しエピソードがあってもよかったのではないでしょうか?
    あまりにもお手軽ではなかったでしょうか?
    もう1本。
    嵐の兄(弁護士)・颯×嵐の同級生・大夢(ひろむ)

    法学部の大夢は、アルバイトで颯の法律事務所へ行く。
    この2人は、大夢の父が交通事故でなくなったときに、裁判を起こそうと
    相談に乗っていたのが颯だったんです。

    そんなこんなで、ハッピーエンドなんですが。
    相談に乗っていた時から、颯は大夢が好きだったとは…。
    大夢は中学生だよ〜。

    だから、アルバイトに大夢が来たときにはびっくりしたらしい。
    縁のなさそうなエロビデオの整理とかをさせて帰らせようとしたんですって。
    でも、それは効果なく居着いちゃうんですけどね。
    おまけに颯を好きになるし。それも思いっきりまっすぐ。笑

    こっちのお話の方が、よかったかな?

  • 風間剣悟(工学部1年)×秋山嵐(法学部2年)。モテモテ大学生活を送る嵐は、奥手の後輩・風間に男としての恋の手ほどきをすることになったが、なんだか雲行きがあやしくて…。 風間がダサ男を演じていたことがわかり、それが嵐に恋心を気づかせることに。書き下ろしは嵐の兄の恋物語。こっちの方が好きかも。

  • ●あらすじ●</br></br>
    『快楽主義者でセックスのエキスパート、女の子を落とすのに30分かからない色男』</br>
    俺・秋山嵐は、主席入学ってことなんかより、大学ではそっち方面でかなり有名だ。</br>
    2回生になって参加した新歓コンパでも、周りの期待に応えて愛想良くはしゃいでいた。と、そこにいた素材は良さそうなんだけど、イマイチ冴えない風間って新入生が、恋愛絡みの相談を持ちかけてきたんだ。
    普段はあまり頼られることなんてない俺は、良いトコ見せようとやたら張り切って恋愛御指導に乗りだした。だけど、この風間ってヤツが相手だとなんだか勝手が違って−−−!?</br></br>

    ●感想●</br></br>
    ☆深夜の恋愛授業(小説アクア掲載作品)</br></br>
    N大法学部の2年生で受・秋山嵐×N大工学部の1年生で攻・風間剣吾。
    <blockquote>
    「え-・・・恥ずかしい話ですが、最近になって初めて彼女というものができまして。なんとなく期待されているのは分かるんですけど、上手くコトを進める自信がなくて弱っていたんです」</br>
    小さな声で話していた風間は、そこで息をついて一度言葉を切った。</br>
    「嵐さんが、その・・・色々とプロ並みだと耳にしていたので、指導していただけないかと・・・」</br>
    今までも冗談混じりで、「エッチのテクを教えろー」と迫ってくる輩はいたけど、こんなに真剣な顔で切り出されたのは初めてだ。</br>
    興味本位だとか冗談でなく、この男は本気らしい。</br>
    「まぁなー・・・。確かに俺はある意味エッチのプロだけどなぁ。なんつっても年季が入ってるし」</br>
    思案してみせると、風間は居住まいを正して頭を下げた。</br>
    「恥知らずなお願いだと分かっています。けど、同期のヤツとかには聞けなくて、嵐さんだけが頼りなんです。」</br>
    大きな体を縮ませて懇願されると、無下に断れなくなってしまう。</br>
    基本的に嵐は人がいいのだ。だからこそ、コンパの誘いもほとんど断れずに、つい参加してしまうのだ。
    </blockquote>
    初めから風間は胡散臭い・・・と思ってました。絶対コイツ裏があると・・・。</br>
    実際に賭の対象にされてたわけでして、もっと怒れよ嵐!と思ったのですが。惚れた弱みなのですかね、許しちゃうのは。なんだか言い訳が薄っぺらくて信用できなくて、読み終えた後でも風間はパス!です。</br>
    嵐は遊んでるように見えて来る物拒まずなのは実は人が良くて断れないだけなんじゃ・・・。快楽主義者というのは違う感じ。まあオープンな気はしますね、深く考えてないんでしょうけど。”恋愛したことない、仕方自体がわからないのだろう・・・”そう言った兄・颯の言葉そのものですね。</br>
    でも風間に色々教えているうちに、風間の彼女に嫉妬し始めて慌てる嵐が可愛い。だからこそ風間が嫌い、許せねぇ〜ってなっちゃうんですよ。</br></br>

    ☆仏帳面のロマンチスト(書き下ろし)</br></br>
    N大法学部の2年生で受・永森大夢×弁護士で32歳の攻・秋山颯。</br>
    大夢は嵐の同期で、颯は嵐の兄。
    <blockquote>
    「頑固だな。でも・・・素直に快楽を受け止めた方が、楽だぞ」</br>
    「そんなこと、言って・・・もっ」</br>
    完全に溺れてしまったら、自分がどうなるか・・・なにを口にするか、分からないのが怖い。</br>
    なにより、そんな姿を秋山にさらして、呆れられてしまったらどうしよう・・・と思えば、自然と奥歯を噛み締めてしまう。</br>
    「さっきまで、散々人を煽っておいて・・・逃げるな。勉強したんだろう?」</br>
    ふ・・・と優しい笑みを浮かべた秋山を見上げ、大夢はゆっくりと首を振った。</br>
    違う。</br>
    確かに勉強をして、どんなことでもできるつもりだったのに・・・本物の秋山と触れ合うと、勝手に体が強張ってしまう。</br>
    「僕、もっと・・・簡単に考えて、た。こんな・・・に、恥ずかし・・・なんてっ」</br>
    唇を噛んで顔を背けた大夢の肩に、秋山が額をつけた。</br>
    小さな声が、かろうじて耳に届く。</br>
    「ぁー・・・俺、スケベオヤジになった気分だな」</br>
    オヤジという秋山には似合わない言葉に、大夢は恐る恐る肩口にある頭を抱き締める。</br>
    「オヤジでも、好きだよ・・・颯さん」</br>
    ゆっくりと顔を上げた秋山は、大夢と視線を絡ませて唇に苦笑いを刻んだ。</br>
    「・・・悪趣味だな」
    </blockquote>
    大夢も颯も最高!です。二人とも好きなキャラですね。</br>
    大夢の口から出るエロ用語に慌てふためく颯が目茶可笑しい。自分で言っといてコイツは・・・って。「深夜の恋愛授業」に嵐の変態兄貴として何回か登場していたので、颯に対しては変わり者として違和感なく私の中では認知されていました。姉の楓にしても、初登場の時からピンと来ましたし、多分ビデオの入手先も彼女絡みだろうなぁ〜と。</br>
    大夢も勝手にAVを持ち帰りエロエロになってやる!と研究したり、真面目さが可愛い。ある意味、王子様だった颯に裏切られてた感もあるだろうに・・・。王子がエロ魔王だったなんて。でも、表面だけみたいだけどね。中身もちゃんとエロ魔王でも良かったのになぁ〜。苛めたら大夢、可愛いだろうなぁ〜・・・と思う私の方が・・・!?</br>
    嵐×風間も登場。うまくいってるようで、それでいて嵐は変わっていないようで振り回されているらしい風間が見れて嬉しかったです。嵐の方は大学が一緒ってコトで大夢に色々アドバイス!?したりとキューピット役であったりもします。</br>

    月末にドバーッと新刊が出るのでその前に軽く何か・・・と思って選んだので<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?path=ASIN/4901579738&link_code=as2&camp=247&tag=makishome09-22&creative=1211">恋より甘く 愛より熱く</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&l=as2&o=9&a=4901579738" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />や<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?path=ASIN/4872574567&link_code=as2&camp=247&tag=makishome09-22&creative=1211">秘密のバイト志願!?</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&l=as2&o=9&a=4872574567" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />でわりと楽しく読めた<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=makishome09-22&creative=1211&path=external-search%3Fsearch-type=ss%26keyword=%25E7%259C%259F%25E5%25B4%258E%25E3%2580%2580%25E3%2581%25B2%25E3%2581%258B%25E3%2582%258B%26index=blended">真崎 ひかる</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />先生の作品をチョイス。予想以上に面白かったです。ただ、わがままを言わせて貰えばどちらの話も面白かったのでそれぞれ一冊づつのボリュームで読みたかったな、と。最初、「深夜の恋愛授業」を読み終わって、次は二人のその後だと思っていたら・・・主人公が違うじゃないですが〜。”えーっ!”って感じでしたよ・・・。風間に対して100%信用してないので、全部関係を清算できるのか証明して頂戴ね!と思ってたので。はっきり言って、ショックでした。でもまあ、「仏帳面のロマンチスト」もそれはそれで面白かったんで納得はしましたが。でも、やっぱりカタはつけて欲しかったなぁ〜というのが本音。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1999年にデビュー。「鬼の求婚~桃太郎の受難~」「風神×雷神」「夢詠みかぐや」などを執筆。

「2018年 『黒狼王は宿命の花嫁を乞う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真崎ひかるの作品

ツイートする