言葉がなくても (プリズム文庫)

著者 :
制作 : 朝南かつみ 
  • オークラ出版
3.58
  • (4)
  • (12)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775511213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ストーリーは嫌いじゃないんですが、日本語の間違いが気になります。

  • 迎じゃなくたって叫ぶよ。「二人のあまりにもラブラブっぼ(ぽ←正)いバカさ加減に呆れたのさ。」それにしても誤字目立ったね。

  • 「甘くなくても」の続編。
    同じ登場人物なのに、前作の表紙の印象と違うのは気のせいに違いない・・・よね?

  • 読みやすい文章だし、BLのセオリーがしっかりと守られている。
    (セオリー……攻キャラ、受キャラ、当て馬キャラなどキャラクターの配置についてや、公私共に一緒になるという流れなど)
    キャラクターの書き分けも上手いし、お互いに両想いなのにすれ違っているストーリーももどかしくて切ない。

  • ★2.5。シリーズ2。前作以上にいいとこナシだった攻。俺様だなんだかヘタレなんだかわからない…。当て馬が受狙いかと思いきや実はタチ同士でありながらずっと攻が好きだったという展開、攻と受の関係よりよほど何か深い感じがして微妙。

  • 「甘くなくても」という作品の続きのお話です。

    ライバルっぽい存在も、登場し、
    外川と城の行き違いもあり、ちょっと波乱があって、
    結局仲直り(^^)
    それなりに面白かったです(^^)

  • 再読。
    攻の古くからの友人が現れて、
    ようやくらぶらぶになった恋人たちの間に「嫉妬」の波風が立つの巻。

    続編書く予定がなかったのに書くことになったのかなと
    ちらり思わないでもないけど、当て馬さんの事情が実に切なかったりする。
    そして攻が哀しくなるほど鈍すぎる。

    ただ雨降って地固まるというベタな展開ではあるものの、
    外川の性格からか、一方的にやられてないところが好きだわー。
    末永くお幸せにー。

  • 『甘くなくても』
    ⇒『言葉がなくても』

  • すっかり前作を忘れていたのであわせて読破。

  • おおっ、ぞ、続編?続編なの?っとネットで発売予定を知り小躍り!!城と外川のその後が読めますよ!イラストはもちろん、朝南かつみさんです。

全11件中 1 - 10件を表示

言葉がなくても (プリズム文庫)のその他の作品

火崎勇の作品

ツイートする