蜜室の王様 (プリズム文庫)

著者 :
制作 : 祐也 
  • オークラ出版
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775513187

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★2.5。元は雑誌デビュー作だからか、最近の作品と比べて文章が随分初々しい印象を受けました。展開が速いというか、攻と受の心理描写や人物描写が省略気味のシンプルな文章なので、二人の気持ちの変化とか盛り上がりがよくわからず…。とりあえず攻が受にメロメロでHもラブラブな甘いシチュは凄く好きなので、なんとか行間を妄想して萌え補完。乳首へのこだわりが藍生さんぽいなあと思ったり(笑)

  • (あらすじ)
    ホテルの最上階にあるプレミアムスイート。
    その部屋の専属バトラーを務める樹は、
    今日から1ヶ月間滞在予定のお客様を待っていた。
    現れたのは、意志の強そうな瞳と低く甘い声が印象的な、
    周防というまだ若い紳士だった。
    人に命令することに慣れた様子の周防は、
    セクハラすれすれの科白で樹を口説きにかかる。
    男性客からの誘いには慣れている樹だったが、
    周防に見つめられるとなぜかひどく動揺してしまい...。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

あいお・ゆう●BL作家。花丸文庫BLACK(白泉社)にて刊行の「双子」シリーズを筆頭に、著作は多岐にわたる。

「2016年 『有松恋染めノスタルジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蜜室の王様 (プリズム文庫)のその他の作品

藍生有の作品

ツイートする