罪深き愛につつまれて (マグノリアロマンス)

制作 : 浜 カナ子 
  • オークラ出版
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775513606

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 衝撃的な作品。
    ビックリした。
    よもやロマンスで複数ヒーローなんて。
    AKBじゃないけど、誰か好きなタイプが居るでしょうという感じ。
    話(事件)については少々詰めの甘い部分もあったけど、それを補って余りある設定でした。
    でも背表紙には複数だよ~ってわかるようなあらすじを書いて欲しかったかも。
    苦手な人は苦手だと思うので。

  • ヒーロー3人xヒロイン

    かっこいいヒーローが3人も居るなんて!
    恋の鞘当?嫉妬渦巻く4角関係?!
    とワクワクしながら読んだら、全く違う方向でした。
    独占欲の欠片も伺えない逆ハーレム。
    ホットシーンが多いったって団体競技だよ・・・
    組み体操みたいなもんだよ。

    ヒロインがもう少し慎みを持っていたら
    評価も高かったんだけどなあ、残念。

  • ずーっと!面白かった!
    設定も素敵で最高!
    途中飽きるかな?と心配したけど、ハラハラする展開に飽きるどころか時間も忘れて読み耽った。
    次作は4人の息子の話らしい。楽しみ!

  • これ、びっくりしました。

    今まで読んできたロマンスものの中で一番エロいです。
    世の殿方は、女子がこんな本を愛読していることを知っているのだろうか!
    そんくらいエロい。

  • ヒロイン1人にヒーローが3人。
    ロマンス小説にしてはかなりイレギュラーな作品のようです。
    ホットなシーンの描写も過激で、賛否両論のようです。
    私は、面白く読みましたが (^-^;)

    原題は「Colter's Woman」で、作者マヤ・バンクスのサイト で、
    続編の「Colter's Wife」が無料でダウンロードできます(英語オンリーです)。
    時間がある時に、頑張って読んでみようかな。

全6件中 1 - 6件を表示

マヤ・バンクスの作品

ツイートする