新米秘書の愛しかた 花嫁ランジェリーvプロジェクト (プリズム文庫)

著者 :
制作 : 水樹 氷 
  • オークラ出版
3.71
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775518328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★3.5。最初は攻が天然なのか策士なのかわからず探り探りでしたが、良い変人バカップルでした(笑)攻がいざ受とHする時の「では失礼…!」「鈴原…!」という微妙に間抜けな必死感に萌えました。それにしても神香さんの攻の巨根描写はかなり好みです。おかげで受の下着越しお漏らしよりむしろ「攻の巨根が下着のウエストからはみ出す描写萌え」に目覚めました…。

    特典ペーパーSS『ぞうさんの愛しかた』:新婚ほやほやの二人。今度は攻が男用セクシーランジェリーを試着。いわゆるぞうさんパンツで、収納部分は不織布。案の定勃起するとビリッと突き破る仕様…アホ甘新婚性活でした(笑)

  • 年上攻  健気受  すれ違い  女装 天然受 クーデレ攻

  • 就職先が決まらず大学でアルバイトしていた渚。しかし、契約期限も切れ就活では面接でことごとく玉砕してしまい、ついにスカウトされたランパブで働くことを決意します。あまりのエロエロな制服のランジェリーに恥らいながらも一生懸命頑張ろうとしていたのですが、そこにアルバイトしていた大学の准教で、堅物で有名だった国遠が客として来て、思わぬ再会を果たすことになります。その上国遠は「こんな素人同然のホステスはクビにしろ」と言って無理矢理渚に店を辞めさせる横暴ぶり。
    でも、実は国遠は実家のランジェリー会社の御曹司で、大学を辞め副社長に就任していたのです。そして、渚に自分の秘書になって欲しいと熱心に口説いてきて。

    という、ストーリーはまったくどうでもよくて。
    なーんにも難しいこと考えずに読むと、ほんとに楽しい一冊。
    ひたすらピンクです。いろんなことがピンク!
    受はうぶうぶきゅるるんで、苺パンツや透け透けランジェリーが違和感なく似合っちゃう男子設定なんですよね。女子だって23で苺パンツはどうよ?と思ったり。受ビジュアルはイラストの感じもいいけど、みなみ遥センセが思い浮かびました。攻はまたイメージ違ってくるけど…
    国遠はクールで知的な攻だと信じ込んでいましたが、とんでもなくムッツリでした!

    ランジェリーの企画開発とはいえ社内で渚にエロい商品を身につけさせ、
    モニターとしての着心地を報告させるうち毎回毎回、盛り上がりすぎてイチャイチャしてしまう副社長と秘書のエロさがすごいを通り越してもう笑うしかないです。仕事に熱心なあまり、つい燃え盛ってしまうんでしょうか…?かなーりエロティックなランジェリーみたいなので、営業的には大成功な商品に違いないです。

    一生懸命国遠の元で仕事に励むうち、渚は国遠に恋心を抱くようになります。でも、そこに婚約者が現れたりして、いろいろ悩んでしまう渚にきゅんとさせられます。
    体だけじゃなく、気持ちの方でも二人が繋がっているのがわかる描き方で、満足度もアップ。

    サイトの関根×夕夏のSSで、こちらのcpのお話も読んでみたくなりました。

  • 「内気な性格が災いして就職先がなかなか決まらない渚。
    そんなある日、ランジェリーパブからスカウトされ、これを機に自分の殻を破ろうと入店してみる。
    とはいえ、制服の透け透けランジェリーのあまりのエロさにもじもじ…。
    そんな初々しい渚を見て、来店していたランジェリー会社の御曹司の国遠は、是が非でも個人秘書になって欲しいと熱烈に口説く。
    応じた渚を待っていたのは、『セクシーランジェリーの効果検証』という淫らなお仕事で…。 」

  • 攻の「では失礼…!」がうけたw

  • ものすごくおばかでトンチキストーリーで面白かった。

  • くっそウケたwwwこれぞBLエンターテインメント!完全なるセックスファンタジー!
    故にリアリティをお求めの方には全くもってオススメできません。あときゃるるん系(?)男子がお得意でない方も。(つか、そういう方はタイトル及び表紙からすでにアウトでしょうがw)
    男の娘とかショタとかキワモノ道を好む方には堪らない………はず!!

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

2005年『ご主人様にはナイショ』(ダリア文庫)にて商業誌デビュー。『いじめっこの恋愛戦略』『極上紳士の溺愛エスコート』『傲慢社長の甘い求愛』を執筆。

「2018年 『敏腕社長の溺愛計画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新米秘書の愛しかた 花嫁ランジェリーvプロジェクト (プリズム文庫)のその他の作品

神香うららの作品

ツイートする