落ちる先には練乳地獄 (アクアコミックス)

著者 :
  • オークラ出版
2.96
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (6)
本棚登録 : 63
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775520475

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 強引で急速な変態です。ガチムチ、オヤジ、体毛。このワードに”そわそわ”する方にはオススメ。<h>

  • 腐ォローから一気に読みました。癖になる面白さですな!雄フェロモン大量どエロ~なのに胸やけ無し読後感(個人差かなりあると思いますが)サンジの脛毛賛成派の方は是非!違うか!?

  • 表紙とタイトルからお分かりの通りな作品。超展開だが独特なモノローグの挿入や細かいギャグが面白くて、テンポ良く読めてしまう。身体から始まる関係が多いかな。嫌がりつつもほだされていくのが可愛いと思います。

  • 読んで印象に残ってたのがふぐ……ふぐ…りwwww
    恋愛の発生の仕方がアホか…というガキな行動と勘違いww
    エロたっぷりなのに嫌な感じがしなかったのはこのコメディー配合なんだろうな。
    なんとなく今まで読んだBLとは一味違う。他の作品も読んでみたい。

  • 純愛なんだけどアホっぽい、BLというよりは「さぶ」な感じの肉体エロ。うーん、今まではつや子さん別に苦手じゃなかったんだけど、今回のは好みに合いませんでしたわ。タマはいいんだけどきっと毛がダメなのよね、ワタシ。この手のものは好き嫌いがハッキリ分かれそう。でも読んでるうちにクセになる面白さはあると思います

  • 相変わらず描写がエロくて最高でした!!

    だけどビックリしたのが毛、とにかく毛ですよ!
    以前のコミックスはここまで、すね毛に胸毛激しかったですかね??
    いやお話は相変わらずコメディータッチで絵は綺麗で
    大好きな作家様なのですが
    とにかく毛!!コレだけが気になって気になってしょうがなかったです(笑)

    それにしても邪魔なモザイクでした~っ。
    葉月さんといえば金●でしょうに!!(あっ、違うか?!)
    隠すのも大事ですけど勿体無い…

    そしてあとがき読んでまたショック。
    あっ、そうですよね「肉体派」休刊ですものね。
    せっかくの再会予定がまたもや…だけど待ち続けてますよ!
    いつの日かーっ!!

  • 葉月つや子姐さんの垂涎ハードエロに、無粋なモザイクが無念…
    しかし!モザイクなどものともしない肉食系変態体毛エロを堪能することができました。エロいんだけど、かわいいし笑えます。
    作品を読んでいると、ついついそのガチムチなオヤジの裸体やらモザイク部分やらに目がいってしまいがちですが、そればかりではありません。アダルトなギャグも最高なんです。セリフもひとつひとつ面白くて絶妙です!
    それが顕著なのが表題作。

    突然理不尽にリストラされた水野は、ハロワに通いつめるのですがご時勢のせいで職になかなかありつけません。ある日拉致同然で建物メンテの社長に強制就職させられてしまうのですが。
    「自分さがし?」「職さがしにきまってんだろ!」という受け答えに爆笑するのに始まり、デスクワークからガテンな窓ふきの仕事にあっさり順応してしまった水野が、元職場の窓ふきに派遣されて元上司の憎い坂崎と再会するくだりには笑いが止まりません。あっという間にエロ地獄へと引きずりこまれてしまいます。テンポのいい会話とエロシーンにうけまくります。
    勘違いのカラダからの関係だけど、最後にはちゃんとラブが生まれているところがいいんですよね~
    水野は二人の立場が対等じゃなく、坂崎から一方的に好き放題されていると思い込んでいて、彼の元を飛び出してしまうんですが、これはまさに絆されてしまったってことなんですね…
    でも、実のところ坂崎は本気なのですが。「人妻」発言に( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまいましたww

    「ロープ」は、ヒモ男にまんまとひっかかってしまったあわれな男の話です。ヒモ男なのでロープ…?でも、プレイはロープじゃなくてセロテープ!!

    「川上から親父ドンブラコ」は、2浪中ドキュンネームお坊ちゃまのカテキョで食いつないでいるゲイの井岡が、その家の弱気なやもめ親父をロックオンして、おいしくいただいちゃう話。どこまでもハトな親父は白ブリーフ!ビーフ味よりチキンコンソメ味、という井岡に大爆笑でした。鬼畜過ぎる。

    「鬼畜警備員」。これがまっとうに思えるところでずい分脳が犯されてきているかな…ワイルドな俺様×バイク便のイケメンという、常識的組み合わせ。流されて言いなりになってしまう受がとてもかわいいです。濃厚エロだけど、ちょっとキュンとさせられてしまいました。
    今野の働く警備会社は、「ロープ」でヒモ男ビリーに引っかかっていたケンゴと一緒のところです。

    カバー見返しの写真がよかった。ステキです!そして、神おとこはほんとにまっぱです。だから、テレビ生中継はうつりこんだらヤバいので物凄く神経を使うらしいです。

  • 葉月さん2冊目。これは、ちょっと好みからかけ離れていました。 というか肉体派というのを初めて読んだ私としてはどうコメントしていいのか分からない感じでしょうか。 でもすごい!表題も、何もかも。 でもCPはある警備会社を元にリンクしてあって面白かった。

  • 玉をいじらせたら葉月つや子先生の右に出るものはいない

  • エロい。熊萌え〜。

全10件中 1 - 10件を表示

葉月つや子の作品

ツイートする