S系上司とヒミツの交換条件 (エバーロマンス)

著者 :
制作 : すがはら龍 
  • オークラ出版
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775522622

作品紹介・あらすじ

新入社員の芽衣は、苦手な上司の秘密を偶然知ってしまった。その上司とは、芽衣の教育係の不破課長。イケメンなのに目つきと口が悪くて、名前を呼ばれただけでビクビクしてしまう相手だ。絶対にバラすなとおどされ、「じゃあ、わたしに一番優しくしてくださいッ!」と口走ったところ、彼はしぶしぶながらその条件をのんでくれた。一番怖かった人が一番優しくなったことに戸惑いつつも、芽衣は不破のことが気になりはじめ…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エバーロマンスレーベルは和製ハーレクインという感じで好きなレーベルの1つです。
    更に好きな作家さんなので読んでて非常に楽しかったです。

    ヒーローは「S系上司」という程酷くなく、単に短気な性格なだけのように感じました。
    新入社員であるヒロインの面倒もきちんと見てくれていますし、厳しいながらも仕事の指導もしてくれます。
    真のS系上司は指示だけ与えて、あとは放置プレイだと思います。(^_^;)

    ストーリーは、上司である不破課長が実は勤めてる企業グループの御曹司だという秘密を偶然に知った芽衣が、咄嗟に「私に一番優しくして下さい!」と口にした言葉を渋々ながら交換条件として不破が呑む事から始まります。
    それ迄の厳しい態度を豹変させて周囲が訝しがる程に芽衣に優しく接してくれるようになりますが、厳しいだけだと思ってた不破の優しさに少しずつ触れていく内に、芽衣の中で彼への想いが育っていくようにのります。

    男性が苦手で小動物のように怯えてしまう芽衣ですが、恋愛脳でおバカになるヒロインじゃなく、素直で健気で仕事に一生懸命に取り組む姿勢に好感が持てるヒロインで良かったです。
    むしろ、ライバルキャラが仕事が出来る割に恋愛脳過ぎて少し引いてしまいました…。
    時折、男性視点の話で進むのも心情が分かって良かったです。
    あとがきにも書いてありましたが、それぞれの本編後を考えると楽しそうです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ファンタジー小説や恋愛小説をwebにて発表。2012年「橘社長の個人秘書」にて、出版デビューに至る。

「2018年 『ラブ・アゲイン!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

S系上司とヒミツの交換条件 (エバーロマンス)のその他の作品

槇原まきの作品

S系上司とヒミツの交換条件 (エバーロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする