君に囲われし濡花 (プリズム文庫)

著者 :
制作 : 宝井さき 
  • オークラ出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775523124

作品紹介・あらすじ

子供の頃、療養のため村を訪れた王子セオドルと深い絆を結んだシイナは、大人になったら迎えに来るという約束を宝物のように思っていた。シイナの村は代々伝わる秘薬で生計を立てていたのだが、突然何者かに襲われ、壊滅してしまう。襲撃は王となったセオドルの命令だという噂を聞き、真実を確かめるべく王の陣営に潜り込んだシイナの前に現れたのは、ただならぬ雰囲気を纏った男だった。その男は、王に会う前の準備だと言ってシイナの体を開くと-?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国の若き王子×秘薬つくりをする民族の末裔
    男前執着攻め×美人健気受け、せつなあまい

    見事にど王道!
    人情味あふれる猪突猛進型の攻め×芯の強い健気な受け。
    ストレートに進むかと思いきや、そうはいかないものの、安心して読める類のお話。
    ストーリーとしてはもう少し盛り上がりを読ませる演出がほしいところ。
    王家云々、一族の生き残り云々言うんなら…なんて話はしないのがお約束なのでしょうね。

  • う~ん先が読めたような読めなかったような…
    コレってこういう展開になるんじゃないの?とか、いつも考えながら読んでいますが、この話はあれ?ッと思うことが多かった。でも、結局は私の思惑通りの展開で終わりました。
    あんまり展開を考えながら読むのは面白みにかける??
    本の読み過ぎで大体想像できちゃいます。
    嫌な癖です(笑)

  • 受けを助けてくれる軍隊長×希少な村の生き残りけなげ受け

    表紙の受けのピンクの膝小僧と紫色の瞳、色素薄い金髪のビジュアルが好みで購入。
    これはおっさん×ショタだろうと。思ったら同い年でした……。
    ファンタジーものを期待してたのに冒頭の「この村で作られる薬はほとんどの病気を治すと言われており」にがっくり来た。ほとんどの病気を治す薬があればそりゃあすごいでしょうけども。
    設定があまりに雑すぎるような……。
    BLなのでなんちゃってファンタジーでもいいのですが、そこかしこに「?」「??」となる部分があり、一応オチでつじつまは合ってる……のか??
    肝心のBL部分も受け攻めどちらにもあまり魅力を感じず。最初のHで攻めが陛下と結婚するための準備とか言っていきなり受けに挿入したのがとにかく許せない(笑)

  • 表紙買い★攻と受の描き分けが特に好み。主人公が青の民で希少な存在とかの設定や王位継承者であるセオドルとの幼少の頃の約束とかは良かった。しかし、王族に嫁ぐなら仕込まなければとテオ(兵士隊長)が最後までやっちゃうのには違和感。そこが引っ掛かってテオは実はセオドルなのか?と思ってたら幼少の頃の容姿がそのまま成長したセオドル登場で気分がモヤモヤ。しかし終盤種明かしあり。騙された自分が残念過ぎたし最後の相愛エチも「初めて」ならもっと共感したのになぁ。他にもいろいろと惜しい。SSペーパーはテオの弟と母親に会いに行く話

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

白泉社、竹書房、幻冬舎などで広く活躍するBL作家。近著に『君に囲われし濡花』(プリズム文庫)、『デキ狐!!』(クロスノベルス)などがある。現代ものから異世界ものまで、幅広いジャンルをこなす。動物や子どもの可愛らしい描写や、味のあるサブキャラクターが魅力。

「2018年 『エース!! 都立杉並東高校硬式野球部の夏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原ひな子の作品

ツイートする