ありのままの自分で (マグノリアロマンス)

制作 : 草鹿佐恵子 
  • オークラ出版
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775523186

作品紹介・あらすじ

太陽と月のように対照的な、双子の姉妹であるセシリーとマリアン。自分を月にたとえる妹のマリアンは、太陽である姉の光を反射し、彼女を光らせて生きてきた。華やかな社交界に興味がなく、窮屈な都会での暮らしから逃げ出したいマリアンに、姉が結婚相手に望んでいる貴族の田舎屋敷への招待状が届く。喜んでその機会に飛びついた彼女は、広大な自然に囲まれたその田舎屋敷をひと目で気に入った。しかし、のんびりくつろぐはずだったその素晴らしい場所で、思いがけないことが次々に起こり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒロインがすごくキュート!
    ホットなシーンがほとんどないのに面白い。
    甘酸っぱくて素敵な作品だった。

  • コメディタッチ スラスラ読める ヒロインが可愛くて共感できる ひと目会って恋に落ちたパターンでは無いところも良かった 侍女のベッツィーが面白い ヒーローのお母さんの妹の旦那さん(動物にしか興味がない人)が最後、意外なところでgood job !

  • 英文学を学び、ジェーン・オースティンや、ジョージェット・ヘイヤーに傾倒する作者なので、”わたし”の一人称視点の古典的で写実的な描写です。
    観察眼のするどいヒロインの視点と、双子の姉による抑圧された感情や彼への不器用な乙女心のギャップが、とても良いロマです。
    昨今のホットなシーンの多いエンタメロマンスとはかなり違います。彼らの時代背景に想いをはせ、慎ましやかな関係に、萌転がってください。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4882.html

  • 世間では非常に評価が高い模様…
    でも、期待しすぎたのか私的には普通でした。

    田舎の自然描写は素敵。

    ヒロインは男女の戯れ事には疎いけど、ユーモアはあるししっかりしてるし。
    美しい姉と比較され、とあるけど、年上で冴えないまったく望まぬ相手とはいえ詩を捧げてくれる崇拝者はいるし…そんな卑下するほどかなぁと。

    林檎に当たったところはいただけない‐
    そして、もう少しヒーローを、一緒に過ごした時間で知った人となりを、信じてあげてよ‐と思いました。
    ヒロインの姉とその友人でヒーローの妹は感じ悪かった…凄いリアリティあるキャラクターといえばそうだけど。

    ホットな作品に食傷気味なときに、ほっとできる作品。

  • マリアンの侍女のベッツィーがいい味だしてますよね。

  • 純粋なヒロインのセリフに、ヒーローと共に笑わせて頂きました。乳搾りの歌が・・・「肉のかたまり」って(笑)
    ロマンス部分が過激じゃないのもGoodです。
    ただ、脇役のキャラ設定がぼやけていたのは、残念。
    この作家さんの他の本も、読んでみたい。

全7件中 1 - 7件を表示

ありのままの自分で (マグノリアロマンス)のその他の作品

ありのままの自分で (マグノリアロマンス) Kindle版 ありのままの自分で (マグノリアロマンス) ジュリアン・ドナルドソン

ジュリアン・ドナルドソンの作品

ツイートする