雨が降ったら、ぼくを思い出して (マグノリアロマンス)

制作 : 市ノ瀬美麗 
  • オークラ出版
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775523704

作品紹介・あらすじ

あの夜、ああすればよかった、こうすればよかったといういくつもの後悔がある-。二年前の雨の夜、ケイトの人生は一変した。一生心の傷となるだろう、悲惨な体験をしたのだ。ひとつ年上の地元のヒーローに乱暴された彼女はそのことを誰にも話せず、大学進学の道も捨ててウエイトレスとして生きている。友人たちとも疎遠になり、唯一の親友も町を出てしまった。孤独なケイトの前に、秘密をかかえたミステリアスな青年、アッシャーが現れた。彼のおかげで、また自分の人生を見つめられるようになりはじめたものの、思いがけないことがわかって…。涙なくしては読めない-海外レビュアーたちが大絶賛の感動作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣ける本として紹介されていたが泣けず…

  • 雨の日にレイプされて心に傷を負った少女はPTSD になってしまい、仲の良かった隣人の青年も含めて周囲との関係も壊れてしまいます。しかし、2年後に知り合った青年が少しずつ彼女の痛ましい記憶を塗り替えていき、彼女の周りにいる人々がどれほど彼女を思い見守っていたかを気づかせてくれます。

    後半はぼろぼろ泣きながら読んでしまいました。しっとりとした習作だと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

雨が降ったら、ぼくを思い出して (マグノリアロマンス)のその他の作品

リサ・デ・ジョンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雨が降ったら、ぼくを思い出して (マグノリアロマンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする