遙かなる時空の中で4 (2)志の遠き地 (GAMECITY文庫)

著者 :
制作 : コーエー  コーエー  Chiyoko 
  • 光栄
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775807057

作品紹介・あらすじ

出雲の地で、常世の二皇子の軍に攻撃される千尋たち。寡勢で包囲を脱しようとする千尋たちだが、戦いのさなか、両軍の前に黒い太陽-禍日神が姿を表す…!激しく、そして哀しい戦いに巻き込まれて行く千尋と仲間たち。彼らの運命、そして千尋の恋の行方は-。人気ゲームのノベルシリーズ、待望の第2弾が登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 入荷先:目黒区立大橋図書館

    ハンナ・アーレント『全体主義の起原』(みすず書房)と同時並行で読んだせいもあるのだろうが、納得できない部分が多いような印象を受ける。というよりも、あまりの課題山積ぶりに開いた口がふさがらないといったほうが妥当かもしれない。

    というのも、時海は作品世界をとにかくなぞろうと必死なことはよくわかるし、半ば同情もせざるを得ない。信州出身でありながら(福岡出身である私でさえ首をかしげる)エセ西日本を描写しなくてはならないのだから。

    問題は、狭井君(さいのきみと読む)という人物を「国家に忠誠を誓っている」のかそれともただのモッブでしかないのかという評価の仕方で微妙な読み違いを誘導してしまっていることで、前者ならば非情な人という印象を受けるが、後者ならばモッブ特有の行動と心理構造の典型例と斬って捨てることも可能といえば可能だ。

    そうなると、彼女にホーリン・ハンソンの先祖というありがたくも無い二つ名を献上せねばなるまい(^^;)し、さしずめ、千尋はそのイケニエと考えるのが妥当なのだろうか……

    ストーリーがノーマル・エンディングになるのか、それとも、特定のキャラクターとのエンディングにもつれ込むのか―「お待たせいたしました。5番乗り場から大阪・難波行きノンストップ特急が発車致します。次は大阪の鶴橋まで停まりません」近鉄名古屋の「ドナウ川の漣」がやけにうら悲しく聞こえること間違いない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、2003年『業多姫』(富士見書房)で作家デビュー。著書に『源氏物語 あさきゆめみし』全5巻(青い鳥文庫)『小説 ちはやふる中学生編』全4巻、『小説 劇場版 はいからさんが通る』(以上、講談社)、『orenge【オレンジ】』(双葉ジュニア文庫)などがある。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。


「2019年 『小説 はたらく細胞 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時海結以の作品

ツイートする