マンガ ウォーレン・バフェット~世界一おもしろい投資家の世界一もうかる成功のルール (ウィザードコミックス)

著者 :
  • パンローリング
3.31
  • (3)
  • (8)
  • (26)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775930052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資家バフェットの伝記マンガ。経営状態の本質を見て長期的投資をする人の様だ。ソロモン不正発覚時に図らずも会長になって事態収束に巻き込まれる話等面白かった。

  • 作者の森生文乃さんは武蔵美の油卒との事。(偶然)
    すぐ読めて面白い。エピソード集。新聞やコカコーラを売り歩いていた少年時代と、師匠になるグレアムへ弟子入りする所など。
    読み進めながら、キーポイントになる所はノートに写しました。最後の章で「朝、家からオフィスに向かう時はいつも、システィーナ礼拝堂へ絵を描きに行くような気持ちになるのです」という所で感銘を受けた。「企業やお金の流れのど真ん中に入って、自分がどんなインスピレーションを受けるか、どんな絵を描けるか、結果よりそのプロセスが楽しいのです」

  • 2003.11.19 大阪にて

    1929大恐慌の年に生まれ、コーラ売りと
    新聞配達でおおいに稼ぐ。
    オマハの人気者。
    親切や御恩を忘れない立派な人。

    バフェット成功ルール
    ☆買うのは企業 株ではない
    ☆わからないことに手を出さない
    ☆企業を理解し、投資先を絞り、自分の熟知
    している企業だけに集中投資。

    ジョークやたとえ話しが大好き。

    バフェットにとって仕事とは、
    まるでこれからシスティナ礼拝堂に絵を描きに
    行くようなそんな気分になるものですよ。
    企業やお金のど真ん中に入って自分がどんな
    インスピレーションを受けるかどんな絵を描けるか
    結果よりプロセスが楽しい。

  • ウォーレン・バフェットが、どういう人かマンガでわかりやすく書いていた。

  • 07.8

  • 世界一の投資家、バフェットに関するマンガ本。当然だが、絵つきの本なので30分から40分で読了した。投資家としてのスキルが一流なのはわかるが、それよりも人格者としてうつる。より詳しい内容を、他の書籍で調べたい。

  • それぞれのエピソードのきっかけが、ぶつ切りになっているため、わかりにくい。もっと深く掘り下げてほしかったです。。。でも、バフェットさんのお人柄の良さは、ちゃんと伝わってきます。

  • バフェットの投資哲学をつくりあげた人生経験をかいつまんで知るにはマンガでもOKか。マンガから入門しバフェットの投資哲学・手法に触れるのも安易ではあるが一方である。

  • 世界2位の資産家ウォーレンバフェットの軌跡がマンガで手軽に理解できます。バフェット流での株式投資はまだまだできそうにないですw

  • さっくり読めるが、バフェットの経歴がざっとつかめる。マンガって楽。バフェットの経歴を知らない人にはオススメできる。

全12件中 1 - 10件を表示

森生文乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
デイル・ドーテン
エリヤフ・ゴール...
スペンサー ジョ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする