規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)

制作 : 関本博英 
  • パンローリング (2007年1月16日発売)
3.61
  • (7)
  • (5)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :97
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775970805

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1.効果的なトレードは、トレードルールを遵守すること
    素人は少し利益が出たら利食っちゃう。そして損失はとことん放置する。これは恐怖があるため。恐れをなくすためには、信頼できるトレードルールを作り、そのルールを絶対に曲げないこと。
    ルールづくりは自分が納得できるまで検証を重ねること。信じられないトレードルールを使う場合、負けた時に責任をルールに押し付け、その後ルールを継続できなくなる

    2.損失を出しても人間としての価値は損なわれない
    損が出たら損切りして自分の糧にすれば良い。

  • "マーケットはいつも正しい

    自分がいくら株を所有しているか正確に把握しないのは、損をする責任から逃げているだけ

    マーケットをコントロールすることはできないが、できるだけ客観的にマーケットの行動を見ることはできる

    すべてのトレーダーは、自分が成功に値すると考えている

    書くことが、変化を起こす効果的なテクニック

    すべてのトレードに損失は付き物であると思うこと
    損失が避けられないときは、早めに行動すること
    ひとつのパターンのエキスパートとなる
    トレーディングシステムを使いこなす
    確率的な考え方を学ぶ
    客観的な見方を学ぶ(強い願望を持ってマーケットと向き合わない)
    自分を監視する方法を学ぶ(「こうなるはずだ」という思い込みが強くなってきたら、何が起きても大丈夫と自分に言い聞かせる)
    "

  • ゾーンよりよみやすいかも。

  • 以前、友人から薦められて読み始めた本書。

    一読しただけでは、完全に理解できない。
    何度でも読み返し、書かれていることを理解したくなる。

    あとがきに書かれていた言葉が印象的だった。
    「心の中を掘り下げていくと、何と似通った世界にたどりつくのだろうか」
    トレードだけではなく、その他全てに通じる真理が書かれた良書だと思う。

  • 心のあり方が1番大切。

    行動する時にプレッシャーを感じない。

    恐怖心、拒絶心を持たない。

    ポジションをとっている時でも、ポジションを持たない視点でマーケットを観察する。

    目を向けるのはお金ではなく、マーケットの行動である。

  • 本も買ったし電子ブックもダウンロードした。
    携帯に入れて何度も聞いています。

  • 洋書独特の言い回しなのか理解しずらいかも。
    繰返し読みたい。

  • これもトレーダの心理学の本です。トレード開始して慣れてきたぐらいに読むといいんじゃにでしょうか?まぁトレーダー心理学の方を読んだのであれば必要ないです。

  • 心理、心理学?が大半を占める。しかも同じことを言葉を変えて何度も説明する。それほどトレードには必要だということでもあるのか。

    恐怖心だね

全10件中 1 - 10件を表示

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)のその他の作品

マーク・ダグラスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ダグラス
ジェームス・スキ...
スペンサー ジョ...
オリバー ベレス
ロバート キヨサ...
ジェイク バーン...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)はこんな本です

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする