出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす (ウイザードブックシリーズVol.223)

制作 : 長尾慎太郎  山下恵美子 
  • パンローリング株式会社
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775971918

作品紹介・あらすじ

だれも知らなかった出来高分析の奥義!出来高、価格、ローソク足の最強トリオ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・ローソク足と出来高の関係から、値動きが本物か例外かを見分ける。出来高とローソク足がともに大きければその動きは本物、どちらかが小さければフェイクなので注意が必要。

    ===引用=========
    ■ローソク足と出来高の関係
    ・実態が大きく、出来高が多い:価格の変化が本物
    ・実態が小さく、出来高が多い:市場が弱まっている。トレンドの底や天井。プロが手仕舞っている。
    ・実態が大きく、出来高が少ない:寄り付きでよく起こる例外。マーケットメーカーが市場センチメントを探っている。

    ・上昇トレンドでの少ない出来高での下落は試しの可能性がある。
    ・上昇トレンドでの多い出来高での下落は試しの失敗。更に下落させてふるい落とす可能性がある。「試し」は少ない出来高になるまで何度も実行される。
    ・出来高を伴わないブレイクアウトは騙し
    ・上昇・下降の動きが本物であれば、その方向に出来高が増加しなければならない。少ない出来高での押しは、よく見られる
    ・価格帯別出来高の多い領域は抵抗線や支持線になりやすい

  • 【みきまるさん株式投資本オールタイムベスト2017年度版第41位】

  • 納得できるロジック

全4件中 1 - 4件を表示

出来高・価格分析の完全ガイド ――100年以上不変の「市場の内側」をトレードに生かす (ウイザードブックシリーズVol.223)のその他の作品

アナ・クーリングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オリバー ベレス
マーク・ダグラス
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする