グローバル化時代の資産運用―ハッピーリタイアメントを目指して (現代の錬金術師シリーズ)

著者 :
  • パンローリング
3.11
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784775990650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が銀座のクラブで働かれているという最初に拝見したプロフィール、そして一番最初に目次を見て全体像をざっと予想した感じでは、銀座に来られるお客様の中から、著者にとって先生的な存在の方に色々教えを請いつつ来た方だろうと思っていたが、実際読み始めると、お客様と接しつつ、御自分でも徹底的に勉強されてきたことが容易に分かる本だった。
    銀座に来られるお客様から聞いたお話だけでなく、お客様や銀座で働く様々な人の人生、資産形成、生き様、善き経営の在り方、長く続くビジネス、長く続けられる資産運用など、本当に色んな方と直接接して学んで来られたんだなぁということが分かる、人生哲学的なものも綴られている。

  • ちょっと専門的なので、初心者には分かりずらいです。。

  • 企業やセクターごとに世界中で最も競争力があるものに投資する、現状維持は衰退しかもたらさない、自分に合った運用スタイルを継続することが大事、試行錯誤の段階で挫折し諦めてしまうこと多し、自分が必要と思う金額までリスクをとりリターンを狙い続ける、失敗しないよう考えるより失敗しても立ち上がれる知識・スキルを身につける、自分自身が正しいと思っている価値判断は他人の体験などを受け入れていることの方が多く実は自分自身の直感・体験を否定しているのかも、リスクを無視してリターンばかり見ていると高値掴みの結果となる、世界のお金の流れを的確に掴む事ができれば1つの資産に集中投資をして大きなリターンを得ることができる(リスクも大きい)、日本のFPは運用のアドバイスより節約・倹約のアドバイスに長けている、優秀なコンサルタントは時給も高く回答は短い、コンサルタントは情報・知識が商品、リサーチコストは当然のものとしてそれを捨てられるかどうかが成功・不成功の分かれ道(執着は敵)、世界全体のお金の流れを見る、「資産の分散」「地域の分散」「時間の分散」、キャッシュポジションを用意していないという失敗→安い時購入・高い時売却ができない、お金を増やせない人は何をしても「せっかち」で待てない、お金持ちが投資で成功するのは常に投資できる現金を持っているから、継続したリターンは具体的企業・ファンドよりアセットアロケーションが重要、リターンは分散しなくても得られるがリスクは分散しないと回避できない、年15%以上のリターンを得るには先進国では困難・エマージング諸国の株&ファンドの比率を上げる、全て大型株では成功割合は69%、最も成功を収めたのは大型・小型・成長・バリュー株に分散投資する運用方法、ハードカレンシー;ドル・ユーロ・ポンド・円・スイスフラン・加ドル・デンマーククローネ・スウェーデンクローナ、通貨を円・ドル以外へ分散する必要、通貨だけでなく金融商品は流動性が高く売買が容易なものを、米「世界の投資銀行」中国「世界の工場(リスク投資家)」日「世界のATM」、ヘッジファンドはSECに登録する必要がない私募債、長期的にインデックスファンドの成績を上回るアクティブファンドは少数、社会主義・イスラム国は出口戦略が難しいかも、中国では株式の大部分は国が保有し情報開示が不十分、シンガポールではイスラム金融対策で税制を変更緩和の方向、モルガンスタンレーのファンドは総じてベンチマークを上回っており安心感あり、世界では水資源確保のため水ビジネスが急拡大、シティバンク香港では在日支店の日本語のステイトメントでも可、信託は海外で相続対策として使える、オフショアで法人設立する時;バハマ・バージン諸島・ケイマン諸島・ジャージー・ルクセンブルグ・パナマ(法人税なく年間登録料)ラップ口座だと海外の収益でも課税繰り延べが可能、コンサルタントは信頼できる知人の紹介が一番、コンサルタント?合法的?英語堪能?取扱商品が多い?正規代理店である、収益を得るための支出は必要な「経費」、お金の稼ぎ方より使い方の方が大事(お金を使って社会のために何をするかというビジョンの有無)

全3件中 1 - 3件を表示

浅川夏樹の作品

グローバル化時代の資産運用―ハッピーリタイアメントを目指して (現代の錬金術師シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする