春には豆ごはんを炊く (AC mook)

著者 :
  • アスコム
3.48
  • (6)
  • (7)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776202042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とっても装丁が美しいです。私が作るには手間がかかりすぎそうで敬遠している献立もありますが^^;、それでも身体に優しそうで見た目にもいい感じのものが載っています。ウチでの一押しは「白菜とソーセージのとろとろ煮」。薄味な味付けにもかかわらず、濃い味気味なものが好みな我が家で支持を集めています。

  • おいしそう。自然体に生きてそうな感じですね。鮮やかな緑色の豆が私もすごく好きです。

  • タイトルを見たとき、『私のことだー』
    と思って買いました。

    渡辺有子さんの料理は、力を尽くした感がないのが好きです。でも、“素材とよくよく話し合って作りました”という感じで、
    シンプルなのに、パパッと感がないところが素敵だなぁと思います。季節の変わり目には、必ず出して眺め、ページをめくっては、お腹をすかせています。
    盛り付けも、とても清楚で、お行儀よく、
    手を合わせて、いただきます!したくなる写真ばかりです。

  • すぐ真似できる優しい味付けが沢山で好きです。

  • ふとした時にパラパラと読み返す本。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1970年東京生まれ。料理家。書籍や雑誌、広告などを中心に活躍中。季節の素材をいかしたシンプルで滋味深い料理に定評がある。2015年料理教室FOOD FOR THOUGHT(フードフォーソート)を始め、2017年自らがディレクションする同名のショップをオープンした。
著書に『すっきり、ていねいに暮らすこと』(PHP研究所)、『365日。』(主婦と生活社)、『「献立」と「段取り」』(マイナビ)、『サンドイッチの時間』(マガジンハウス)など多数がある。

「2018年 『料理と私』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺有子の作品

ツイートする