成功したければ前頭葉を鍛えなさい!

著者 :
  • アスコム
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776205647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前頭葉を鍛えるために、調理が役立つという話を伝えたく、では前頭葉ってどう役立つのか?などを説明できるために…と購入した本。
    前頭葉を鍛える為の方法はいろいろあるけど、前頭葉という言葉をさらっと一部分的に扱っている本はたくさんあったけど、そのものずばりで「前頭葉を鍛える」ということを書いてあったので読んだ。

  • 元々脳には興味があった。
    この本は前頭葉と成功の関係について。
    前頭葉の働きが活発でないと、社会的にある種の困難を生じる可能性があることは知っていた。
    しかしこの本で学んだことは、前頭葉はとくに自分が好きなこと、ワクワクすることをしているときに活発に動くらしい。そうやって前頭葉を鍛えることで、ピンチや問題にぶち当たったときにある種の直感が働くようになるとのこと。それによって仕事、しいては人生で成功することができるという主旨であった。
    ではどうすれば前頭葉をより効果的に鍛えることができるか。それはとにかく、一つ一つの活動を楽しみながら一生懸命することである。適当にやっていたのでは意味がない! 気が進まない事であればどうすれば楽しめるか考えること。嫌なことであればあるほど、それをすることで前頭葉はより鍛えられるらしい。

    この本を読んでから、目の前の仕事、活動に集中するよう努めるようになった。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

諏訪東京理科大学教授。学生相談室長。1960年,長野県茅野市出身。東京大学教育学部卒業後,同大学院教育学研究科修了。学習時・運動時・遊興時・CM視聴時など,日常のさまざまな場面での脳活動を調べるかたわら,テレビやラジオなどで実験や解説を行っている。地元の「茅野市縄文ふるさと大使」も務める。

篠原菊紀の作品

ツイートする