田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済

制作 : 田原 総一朗 
  • アスコム
3.54
  • (8)
  • (46)
  • (41)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 250
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776206194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人が今まで積み重ねてきたものをベースにしていまの日本に足りないのはグローバルな視点なのではないのかなと感じた。中でも2人の著者が一致した、今後絶対に必要なスキルとして英語力を挙げたのは非常に印象的だった。日本はもはや他国の背中を追いかける国ではなく、自らが世界を引っ張る立場にいるという事を国のトップだけではなく国民も感じなければいけないのかと感じた。同時に若者が世界に勝負できるような環境づくりが今後の日本には欠かせないと感じた。

  • 二時間でいまがわかる!!というシリーズの一冊だったためストップウォッチを片手に読み始めましたが、ざっくり三時間掛かってしました(笑)そんな、経済本ルーキーの書いた書評ですので肩の力を抜いて、怒らずに聞いて下さい。
     本書は、大激論の末に何か明確な指標が提示されるかの様な題名ですが、残念ながらそんなに激しい討論は交わしていない様に思います。むしろ、意外に共通点の多いことに驚いてしまいました。大激論は交わされていないものの、注目する表現は多々あります。


    “日本経済は「アイスクリームの天ぷら」だ!”
    日本は、輸出産業が景気を牽引してきた。しかし、内側の産業(農業)は、ひたすらに保護されてきており競争力なんてあったもんじゃない。
    今や、輸出産業がその他お荷物産業をおんぶ出来なくなって来ている。このままではいけない。早く内側の産業を競争に晒すんだ!!

    “日本は「オーバークオリティー」だ!”
    “良いものは売れる”という謝った認識の元に発展して来た日本、テレビにもビデオのリモコンにも触った事のないボタンが無数に存在している。世界基準を目指さなかった故に、単なる自己満足に終わってしまった。

    “企業への後押しは、日本では「官民癒着」だ!と叩かれる”
    日本は、技術はあるけど売るのはへた。パッケージ戦略が全く無い。
    しかし、アメリカは違う。企業をバックアップすることを国益だと思っている。場合によっては、何の遠慮もなく1企業をバックすることすらある。彼らは、政府と企業が一体となって経済交渉を行う。日本企業が勝てるはずがない。

     面白いです。次々に出てくる話しは、どれも分かりやすく具体的で、確かにすらすらと読み進めて行く事が出来ました。そして、いよいよ最終章、第7章 絶対こうなる!10年後の日本 へとたどり着きました。これまでの話しをふまえ、一体どのような提言があるのか、日本には、どんな未来が待っているか・・・




    今後10年間でどんなビジョンを?
    竹中 法人税を下げて、ハブ空港を造って、オランダの様に雇用に関する法整備を整える。普通の国がやっている事を普通にやれば日本は復活する。
    榊原 このままでは日本の未来は暗い、ヨーロッパ型の社会福祉社会の建設を行えば日本は復活!

    次世代を担う若者をどうすれば?
    竹中 デフレをぶちやぶるチャレンジ精神の醸成
    榊原 フランスの様なエリート教育

    その為に?





    榊原・竹中 英語を学ぼう!!





    んー・・・(笑)

    最後は英語をお勧めするだけの本になってしまいました。最近、やたらスピードラーニングのCMが目立っていますが、本書も関連なのでしょうか(汗)?
    最終的な終着点があまりにも面白みに欠けていた為、そこに至るまでの話題も若干説得力が無くなってしまいました。と言う訳で今回の書評は、最後に★が二つ減って、★3つです。
    そしてたぶんね、今から20年前(僕が小学生の頃)も、「英語は大切!」って声高に叫ばれていましたよ・・・?


    優秀なお二人が、20年間も変わらない大切さを、これからの最重要課題かの様に今更ドヤ顔で叫んでいる姿に、なんだか興ざめしてしまいました。

  • 脳みそがフル回転するね。日本経済の問題点を榊原氏と竹中氏が語り尽くす内容だけど、意外にも私でも解りやすい話しぶりでした。田原総一朗さんの掛け合いはテレビより面白い。

  • 竹中さん、相変わらずすばらしい!

  • 対談形式なので論旨明確でない部分もなくはないが、榊原氏と竹中氏の主張の違いがよくわかった。

    規制緩和、競争政策強化、産業構造改革、新産業育成、成長戦略、経済活性化等についての問題意識、方向性には大きな相違はないと感じた。

    その後の分配論のあり方に関して、ヨーロッパ型の高福祉社会を主張する榊原氏と独自型の効率的で小さな政府を目指す竹中氏の見解がわかれていると理解した。
    人口が減る成熟社会を迎える日本にとっては、ドイツ・フランス型の国家のあり様が先行事例として参考に値するというのが榊原氏の主張。一方、お上主導の風土、大きな人口規模、逆ピラミッドの人口構成という3点から、ヨーロッパ型の大きな政府は機能しないというのが竹中氏の主張。

    で、お前はどう考えるのか?もう少し考えたい。

  • 辛坊さんの本が売れています。

    最近大きな本屋に行くと、三橋さんの本とこの本の3冊が並んでいます。

    それぞれ主張が違い読み比べるととても面白いです。

    主なテーマになっている「日本は財政破綻するのか?」
    の観点から行くとこの3冊の中ではちょうど真ん中に位置するのではないかなと思います。

    この本を読んで面白かったのが、韓国と日本の主要産業の国内市場に対しての比較。
    ・よく韓国は国内マーケットが小さいから、海外進出を進めたと言われます。
    ・国内マーケットは4000千万人と1億2千万人、でも、自動車や家電メーカなどの1社辺りのマーケットを比較すると・・・

    気になる人は是非読んでみてください。

  • ①「消費税増税でも効果なし」とマーケットにバレたときが一番危ない②尖閣国有化は一大失政、問題解決には時間がかかる?③中国は「中進国の罠」を乗り切れるかどうか?④円高ドル安はさらに進み、1ドル60円台になる!⑤その後、一転して円安になる「二つのシナリオ」があった⑥ドイツもギリシャもEUを出られない⑦政府の報告書には、一番肝心な「原発継続か廃絶か」の結論がない⑧「20年で原発ゼロ」を目指せ! ⑨橋下徹は次世代のリーダーとして期待していいのか? について書かれています。こちらも選挙前に読みたい1冊。

  • 対談本
    竹中平蔵・・・自民系
    榊原英資・・・・民主党ブレーン
    まとめ役? 田原 総一朗

    48 アイスクリームの天麩羅、外は暑いが中が冷たい
    66 車もデジカメもモジュール化できない>高校生でも組み立て可能なパソコン
    75 米、企業のバックアップは国益

    81 保険交渉、陰にAIG、車はGE
    101 規制産業>政治的な圧力
    107 CIAの扱う情報の7割は公開情報

    121 貴族の国は分配を考える。米国は貴族いない
    156 民主党にはマクロの経済政策が無い
    159 管直人、優秀な政治家だが経済に詳しくない

    176 小渕、5時間寝るのが夢
    192 布地の規則違反、仏で昔77人処刑
    201 竹中のゼミに山口絵里子

  • 人それぞれの意見がある。どんな大きな組織でも結局はヒト。理論上間違っていないことならば、実行力の有無で価値が変わってくる。仕事をやってるふり、かなりのことが無意識に没落したり、無駄に時間を割いていたり。自分の意見を持つことから始めよう。そして実行か語るだけじゃなくて、実行。

  • 田原総一郎の進行により、自民党の元大臣と民主党の経済施策のブレーンによる討論。出版時は民主党の政権時であるが、その頃からこうした内容が明らかになっていたのか(鳩山政権末期の頃らしい)と、その後の日本経済の低迷は予測が十分されていた。また、予測通り推移した。ともいえる内容であった。政権交代に浮かれ『何もかもが良くなる」と思い込んでいた自分の無知さに恥ずべく内容であった。
    再度、政権は自民党へ移行されたが、この選挙結果はこうした内容をわかっての結果では無いように思われる。つまり国民の多くは、こうした視点からの意見さえも理解していない。
    小泉がダメだ!鳩山が無能だ!と表面上見える部分のバッシングばかりでなく、もう少しメディアを中心とした「国民へ知る権利」を主張する媒体は、一方では深く一方ではマクロな視点で物事を捉え、伝える努力が必要なのではないだろうか?
    伝える権利を有する人たちがキチンと物事を多角的に伝えられなければ、判断も出来ず知的レベルも低下する。
    マスコミやメディアは週刊誌的な情報媒体(売れればいい)ばかりである現実。それらを理解し、自分たちなりに正しさの軸をもった情報を得る努力をする方が現実的なのであろうか?

    色々考えさせられた1冊だった。

全45件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1951年、和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行入行。大阪大学経済学部助教授、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年より小泉内閣で経済財政政策担当大臣、郵政民営化担当大臣などを歴任。現在は東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター長・教授、慶應義塾大学名誉教授などを務める。著書に『大変化 経済学が教える二〇二〇年の日本と世界』(PHP新書)、『400年の流れが2時間でざっとつかめる 教養としての日本経済史』(KADOKAWA)、『世界大変動と日本の復活 竹中教授の2020年・日本大転換プラン』(講談社+α新書)ほか多数。

「2018年 『この制御不能な時代を生き抜く経済学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済のその他の作品

竹中平蔵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
古賀 茂明
堀江 貴文
大前 研一
村上 春樹
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

田原総一朗責任編集 2時間でいまがわかる! 絶対こうなる!日本経済を本棚に登録しているひと

ツイートする