ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法

著者 : 安田雪
  • アスコム (2011年9月20日発売)
3.60
  • (52)
  • (85)
  • (102)
  • (23)
  • (3)
  • 本棚登録 :819
  • レビュー :133
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776206934

ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルからして、最近のワンピースブームに乗っかってて嫌だったのですが、あるきっかけで読むことに。すらすら読める内容だったし、ワンピースを全部読んでいなくても、ファンではなくても、意外と面白い。これをきっかけにワンピースのアニメを一から見直すことにしました。20歳を超えて観返してみると(小学生の時に観ていたものなのですが)、涙が出ますね。昔は戦闘シーンが多くて飽きてしまっていたけれど、深いシーンが多いなぁと感じました。やはりベストセラーは違う。

  • 著者はネットワーク分析の日本の第一人者の方。かなり、読みやすいように意識した本だと思います。仲間の存在が必要で、その方法がワンピースから学べる。納得出来る箇所も多いです。

  • チームとして、仲間として...
    長所を活かして協力しあい、最大のパフォーマンスを発揮する。
    短所は補い合うことで、チームとしての絆を深める。
    仲間の誰かが、ポン!と抜きん出たら、負けじと自分も成長する。
    そうして、みんなで成長し続ける...

    これぞ!理想とする職場の関係。
    私が目指したい場所。

    そして、ルフィにサンジ、ゾロにウソップ...
    どんだけみんな、イイ男なんだ!!
    カッコよすぎます。彼ら。

  • ざっくり説明すれば、ワンピースを読んで仲間をつくるヒントを得よう!な本。
     でも、読んで正解! 自分も「仲間」が作れんじゃないかなって、わくわくしてきます。
     
     ONE PIECEの登場人物に自身を重ね合わせ、共感する。
    現れる敵に、一緒になって怒り、ルフィがぶっ飛ばすとスカッとする。
    登場人物の流す涙に誘われ、漫画なのに…!!とか思いながら涙をながす。
    「仲間になれ!!」って言われてみたい。言ってみたい。
    そんな風に、ONE PIECEの世界にどっぷり浸かっている人が読めば、ルフィや仲間たちへの漠然とした「共感」「憧れ」「希望」などが紐解かれ、なんで自分がONE PIECEをこんなにも好きなのか、わかる気がします。 …いや、わかります!
    著者がネットワークを研究されているだけあって、メンバーの相互関係や、影響を明快に説明されており、かつ読みやすい。難しい専門用語で説明するという、学者の癖は見られません。内容をしっかり説明した後、「こういうことを○○といいます」ということはありますが、むしろ内容の補足になっており、より客観的に説明される一助になっています。
     各章でルフィや仲間が歩んだ軌跡から、言葉や行動に示されるメッセージや相手への影響を解説します。この解説が「仲間力」の秘密を明らかにしていきます。読んでいくことで、ルフィの持つ最大の能力である「仲間力」が、悪魔の実を食べないと得られない能力、ではない事がわかります。また、他人を引っ張っていくことだけが「仲間力」でないこともわかります。
     
     これから大海原に漕ぎ出す、夢見る少年少女も、すでに大海にて新世界を目指す元少年少女も、一読の価値ありでございます。

  • 衝動買いですが、運命の出会いでした。社会科学の専門家から見たONE PIECEも、オモシロイ!仲間がもれなく欲しくなります。ここまで人間じみたヒーローなんていないからこその題材だと思います。

    ただ、ONE PIECEで思い出し泣きができる人は、お家でゆっくり読んだ方がイイです(*^^*)

    【A書評】
    ルフィの「おれは海賊王になる!」のよに、シンプルでコンパクトに夢を表現する!そしてそれを信とする!!

  • ONE PIECEを読んでないのに
    共感してしまった(笑)

    人間関係に悩んだり、
    仕事がうまく行かなかったり

    そんな時にじゃまになるプライド

    「助けて!」と言えるか 言えないか
    それは託せる仲間がいるかいないか
    託してもらえるだけ、ある一点に秀でているかどうか

    人って何のために成長するのだろうか
    と考えた時に 勉強する=自分を成長させる=自分のため
    だとばっかり考えていたが
    勉強する=自分を成長させる=他人に託してもらえる
    こういう考え方、そしてその考え方のもと
    仲間との関係性をマンガと言う媒体で表現している
    ONE PIECE

    特に印象的だったのが
    近頃の上の世代は、下の世代に成長する機械をあまり与えてないのではないか との投げかけ
    そして ONE PIECEには 上の世代が下の世代に「託す」場面がたくさん出てくるらしい。

    読んでない分、この本の理解度が低いのかもしれない
    ONE PIECE読んでみるかなあ

    私ももう 上の世代だし、
    反省しないといけないことがたくさんありそうだ

  • 感覚的にとらえられていたものが、説明されていると思いました。漫画の変遷もわかりやすかったです。

  • 図書館

  • ワンピース読んでみよう

  • レポート用の本を探していた時に見つけて読んでみた。
    やはりワンピースの台詞などが出てくると、グッと来る。作者のワンピース愛が伝わってきた。笑
    しかし、内容はこじつけ感が結構して、なんとも言えなかった。でもまあ、漫画の世界を現実に当てはめようと、少し無理矢理のような気もしたけれど、こういった見方もあるのかなんて思ったりもした…。
    とりあえずまたワンピースを読みたくなりました。笑

全133件中 1 - 10件を表示

ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法のその他の作品

安田雪の作品

ルフィの仲間力  『ONE PIECE』流、周りの人を味方に変える法を本棚に登録しているひと

ツイートする