AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)

  • アスコム
3.59
  • (17)
  • (34)
  • (34)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 278
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207627

作品紹介・あらすじ

AKB48の真実、魅力を余すところなく伝えるとともに、AKB48を題材としながら、秋元康という希代の大作家・プロデューサーの発想術や仕事術を徹底的に解き明かす一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本作だけではなくてTVや雑誌などの取材でも「予定調和を壊す」という言葉を秋元さんが使っているのをよく目にします。

    それを見て「予定調和を壊すには固定されている選抜メンバーを変えることではないのかな!?」と思うのは私だけなのでしょうか。

    現時点での知名度や今までの貢献度も考慮する必要はあるけど「この子を入れてきたんや」と思わせてほしい。

    ただ無名な子だと「誰なの!?この子は??」となるでしょうが。(笑)

    今まで予定調和を壊してきたから支持されてきた。

    でも予定調和を壊した状態が普通になると予定調和をしていることになる。

    そろそろAKB村で一番のグループをCDの売り上げで決めるとか、じゃんけんではなくて相撲で選抜を決めてほしいな。

    しかし秋元さんの考えることは面白いと思う。

    同じものを見ていても着眼点が違うのだと読んでいて感じた。

    そういう感性があるからAKBが爆発的に売れたんだろうな。

  • 田原総一朗氏と秋元康氏の対談本。田原氏が妙にTwitterでAK48Bについてはしゃいでいると思ったら、対談本が出たので読んでみた。

    秋元康氏は、成功した芸能プロデューサーというだけでなく、どちらかというと一流の経営者と言える。企業経営者の役割が、社員の意欲を喚起しよく働いてもらい、より高い成果を出すことだとすれば、秋元康氏のやっていることは、全く同じだ。AKB48メンバーの成長を促し、その成長をしていく過程そのものをドキュメンタリーとして顧客に提示していく。実に調和の取れた見事なマネジメントというよりほかない。

    秋元語録の中から気に入った4つを選んでみる。

    ・根拠のない自信
    ・戦略なき戦略
    ・時代との合気道をする
    ・成功しない理由を見つけない


    <目次>
    第一章 AKB48の誕生
    第二章 秋元康の思考
    第三章 AKB48劇場
    第四章 東京ドーム講演
    第五章 AKB48のプロデュース
    特別対談 高橋みなみx田原総一朗
    第六章 AKB48はどこへ行く?

    ・根拠のない自信。根拠を求めたらみんなが思いつくようなものにしかならない。
    ・AKB48は未完成品である。一生懸命スライディングする高校野球のようなもの。
    ・AKB48には、臨床心理士やスクールカウンセラーもついている(41)。
    ・継続的に育てていくには、テレビではなくライブ(51)
    ・シングル1曲を決めるのに400〜500曲を聴く。
    ・予定調和を狙わない。
    ・マーケティングより自分が信じること
    ・AKB48はドキュメンタリー
    ・「頑張ればあそこに行けるんだ」というモチベーションマネジメント。250名全員が東京ドームに立った意味。(129)
    ・戦略がないのが戦略
     最初の海外がジャカルタなのは、ジャカルタからの声が圧倒的に強かったから(195)
    ・「ヒットを出すには、ちょっとあざとい言葉を使うと、時代と合気道をしなければいけない」(195)
    ・自分がドキドキすればみんなもドキドキする。
    ・隣の子をいじめている暇なんてない。
    ・野茂は「成功しない理由を見つけなかったから」成功した。(198)


    2013.02.01 田原氏のブログで見つける。
    2013.02.23 予約
    2013.05.02 読了

  • 「こうも言います。『止まっている時計は、日に二度正確な時刻を示す』と。」(p.44)

    秋元さんが仕事哲学を語る部分では、この言葉が一番印象深かった。
    ほかの話も、けっこうこれがベースになってるように思える。自分の信じた場所を動かずじっと続ける大切さ。忘れないようにメモる。

    田原さんのインタビューの上手さは、たかみなとの特別対談のほうでむしろ発揮されているかも。

    読み返してみて、意外と古くなっていないのが驚きでした。
    戦術は変わっても戦略はブレてないってことかな。

  • 面白かったかな。考えを実践しているAKBというのが目に見えているので、具体的でわかりやすい。いろいろと個人的には面白いヒントが受け取れたと思う。示唆に富む。にわかでもファンだから余分に多くを有意義に受け取れたかなと思う(笑)

  • おもしろかった。AKBの戦略が垣間見れた感じ。秋元さんはよく考えておられる。インタビューをされた田原さんの質問力もできるようになりたい。

  • とてもいい本だった。
    秋元康がまったくの本音を語っているとは思わないが、少なくともAKBを作った理由などはちょっと感動的というか、グッとくるものがあった。
    一番おもしろいのは予想できないものであって、それは話題になるものでもある。AKB48というグループができたときは、まだ秋葉やオタクというものが世間から嘲笑され社会の異分子として見られていた時代だった。その当時、AKB発足のニュースを見て、テレビのコメンテーターたちは「またオタクがおかしなことやってるよ」という反応をしていた。それから数年で、いまや芸能界に確かな存在を示したのだから、やはり秋元康は偉大というか、少女たちの努力が偉大というか。
    おまけ的な高橋みなみと田原総一朗の対談では、たかみなの頭の良さがわかる。
    ある意味、日本で一番の企画屋でありクリエイターでありリーダーであり経営者でもある秋元康の言葉は、普通のビジネスマンにとって価値があるのかどうかはわからないが、ともかく含蓄がある。

  • なんだかんだ秋元康ってすごいんだなーとか。AKB嫌いな人とかに読んでみて欲しい。たかみなの対談もよかった。たかみな本当しっかりしててかっこいーです。

  • 秋元康の仕事術というほどのテクニックは披露されていない様に思う。但しあれだけの数の作詞を1人でやってるというのには、驚愕する。ワタシはてっきり何人かの作業員の秋元康工場で作られているとおもっていた。今でもその疑念は拭いきれていない。

  • 当たった後の話なので、好きな事言えるのだが、興味があったので読んでみた。所有に関しての価値観が変わった。テレビは「最大公約数」これはダメ。大衆はある分野で一人のスターを作ってそこで飽きる。つまり第二のAKBが生まれる事はない。それしにてもシングル1曲決めるのに、400~500曲のデモを聞くってのは凄いが、選ばれなかった曲が大量に出来るわけで、作る人はたいへんだなあと思った。201312

  • 秋元の仕事、メンバーへの接し方、AKBの行く先、いろいろ垣間見れて面白い。AKBは表面だけみててもつまらないが、意外と奥が深い。田原総一朗の切り込み方が上手い。俯瞰して多面的に聞いているので、AKBというシステムを立体的に理解できる

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月2日、おうし座生まれのO型。作詞家、放送作家、プロデューサー、漫画原作者など多方面で活躍。

「2015年 『あずきちゃん なかよし60周年記念版(5)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋元康の作品

AKB48の戦略! 秋元康の仕事術 (田原総一朗責任編集)を本棚に登録しているひと

ツイートする