1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?

著者 :
  • アスコム
3.53
  • (5)
  • (10)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :91
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207849

作品紹介・あらすじ

2年連続「顧客満足度」ナンバーワン!1泊5万円のホテルよりお客さまが満足する秘密とは?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密1 なぜ、低価格で高い顧客満足度を 実現できたのか?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密2 なぜ、リピート率70%、キャンセル待ちまでするお客さまがいるのか?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密3 なぜ、徹底して「睡眠」にこだわるのか?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密4 なぜ、「天然温泉」にこだわるのか?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密5 なぜ、「自動チェックイン」「ノーキー・ノーチェックアウト」にしたのか?◎顧客満足度ナンバーワンの秘密6 なぜ、客室に電話がないのか?話題のビジネスホテル、「スーパーホテル」会長が明かす「凡を究めて非凡になる」スーパー経営術!「まるでわが家に帰ってきたみたいだ」お客さまにそう感じていただくこと。そのために、スーパーホテルは「安全、清潔、ぐっすり眠れる」を低価格で実現しました。そして、スタッフはお客さまの感動を自分の感動にできる「自律型感動人間」でなければなりません。そんな「感動のホスピタリティ」の秘密をご紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 都心部でよく見るスーパーホテルの同社の理念と創業者の山本梁介氏の足跡を書いた一冊。

    睡眠に特化していたり、冷蔵庫にものが入ってないことなど顧客にとって利便性を追求し、ただサービスは一歩上のものを提供する自律型感動人間を育成していくなど何度か泊まったことはありますが、本書で同社のこだわりを知ることができました。

    バブル崩壊で不動産事業が失敗したことで様々な人から話を聞く経験をしたこと、ホテル事業を始めた好奇心。そしてすべてに直結する顧客を大事にする姿勢、そのために一切の妥協を許さない精神をひとりひとりのスタッフが共有していることが同社が顧客満足度で日本一になれた秘訣だと感じました。

    同社や氏の想いは事業のみならず、人が生きていくうえで大事なものも学べた一冊でした。

  • 著者はスーパーホテルの創業者である山本梁介氏。1942年生まれ、慶應卒。

    備忘録。
    ・稼働率90%以上、リピート率70%以上、とのこと。
    ・ホテルに滞在する約10時間のうち、70〜80%が睡眠時間だから、ホテルの快適度を評価する大きな要素は睡眠。
    ・ぐっすり研究所で安眠を徹底的に分析している。

  • チェック項目7箇所。スーパーホテルがなによりも最重要視したこと、それは「ぐっすり眠れる」ということです。「こだわる」ことは「とんがる」こと、つまり、「お客さまの安眠」に特化したホテルづくりを考えたわけです、私は、どんなビジネスにおいても「とんがる=特化すること」が成功の秘訣と考え生きてきました。ときにはルームサービスを頼んで、ゆっくりと部屋で食事をしたい、コーヒーを楽しみたいと思うお客さまもいらっしゃるでしょう、しかし、スーパーホテルではそのようなサービスはしないとはっきり申し上げています、そのようなサービスを望むお客さまは、ほかのホテルを利用していただければsいいのです。お客さまが仕事で疲れてホテルに帰ってこられる、そんなとき、スタッフの飛び切りの笑顔とともにかけられる「おかえりなさい」の一言、そんな心からのおもてなしを、さまざまなシーンで提供できたらどうだろうかと……。スーパーホテルの『フェイス』に明記されている「サービス・スタンダード」にはこうあります、①明るい笑顔と元気なご挨拶でお客様をお迎えします②お客様のお名前をお呼びします。可能性を信じている人には、失敗という言葉はありません、失敗を恐れるのは挑戦をやめたとき、挑戦している以上、そこに失敗はありません、私の考える「挑戦」とは、仕事に対する真摯な姿勢を崩さないということです。離職率が高い飲食業界などのサービス業は、入社直後から現場に出て自分で経験を積んで学ぶということが多い、このため、なかなか成長を実感できず、悩んでやめてしまうケースが多いのではないか。

  • 20140606近江商人の記載あり。三方良し。スターバックスの本に共通する。20140615終了。客が感動、社会貢献、企業の利益の三方良し。

  •  スーパーホテルは、「稼働率90%、リピート率70%以上」と業界の常識では考えられない数字をたたき出している理由は、徹底した「お客さま絶対主義」です。
     快適な宿泊をするために凝らされた工夫やお客様目線で考え抜いたさりげないアイデアがたくさん散りばめられており、多くのリピーターを生み出しています。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2139

  • 同じことを言い過ぎ。
    ある意味日本人の特徴を活かして商売してるなと。

  • お客様に対する姿勢というか、仕事に対する姿勢を学ばせていただいた一冊でした。
    プロとは何か?の部分がよかったです。

  • 今までビジネスホテルの違いなど、それほど気にしたことはありませんでしたが、この本を読んで、スーパーホテルに泊まってみたくなりました^_^
    今度、泊りがけの出張があったら、探してみよう!

  • 2013/8/16

  • 面白い!わくわくしながらあっという間に読み終えました。ビジネス書なのですが、まるで小説を読んでいるかのように「えー?なぜ?」「それから…どうなるの?」と自分の中で未知の世界を探究することができたように感じられました。スーパーホテルについて全く知らなかった私ならではの楽しみだったかもしれませんが…。
    学べることが多く、読み終わって「よし、私も明日からがんばろう」そう思えました。
    『凡を重ねて非凡となす』あらゆることに通じる名言だと思います。

全11件中 1 - 10件を表示

1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?のその他の作品

山本梁介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柳井 正
ジェームズ アレ...
松下 幸之助
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?はこんな本です

1泊4980円のスーパーホテルがなぜ「顧客満足度」日本一になれたのか?を本棚に登録しているひと

ツイートする