あなたは、あなたのままでいてください。

著者 :
  • アスコム
3.38
  • (5)
  • (8)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 123
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776207894

作品紹介・あらすじ

世界各国から講演のオファーが絶えないシスターがやさしく説く幸せの見つけ方。読むだけで心がラクになる31の秘けつ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔の僕は、今の自分では駄目だ、もっと変わらなくては、周りから尊敬される何者かになりたいと常に思っていて、いつも満たされない気持ちでいっぱいでした。
    変わらないと誰からも愛されないとも思っていました。

    変わりたい変わりたいと執着する気持ちのため、その感情を利用した詐欺まがいのことに色々とひっかかったことで、今の考え方で本当にいいのか?周りより優れた人間になりたいと執着しすぎていないかと思うようになりました。

    そのときにこの本を読んで、自分が変わらなければと思い込みすぎて、自分を大切にしていないことに気付きました。
    変わらなくてもいい。今の自分でもいい。尊敬されるような人間でなくても、主人公のような人間でなくても、ちっぽけな自分でもいいんだと思えるようになりました。
    これまでの体験から、自分を受け入れること、良い意味であきらめることがやっと理解できた気がします。

    昔の僕のように今の自分が好きでなく、変わらないと誰からも愛されないと思って苦しんでいる人に読んでもらいたい本です。

  • 深く悩んだり、傷ついたときに癒やされる本。
    ややキリスト教色強め

  • とても、素敵な言葉が散りばめられていました。
    でも、なんとなく精神論的な感じがしました。

    聖書からの引用が多く、なんとなく言ってることは分かるしとても優しい言葉なんだけど、実際できるのかな?と思う箇所が多かったです。

    参考になったのは、
    人を褒めたりお礼を言う時は一言気持ちを添えること。
    「ネクタイが良く似合っている」「見ているだけで元気が出ます」
    人格や特徴ではなく、行為を褒めること。
    褒める時には事実・影響・感情の三段論法を使うこと。
    「あなたが皿を洗ってくれて」「私はとても助かって」「嬉しい」

  • 優しくて心強いメッセージ。
    表面的ではなく、きちんと納得させてくれる内容。
    落ち込んだり、元気がない時にふと触れたくなる本。

  • 最初は、平易な言葉で書いてあり、内容もありきたりとの印象を受けた。でも読み進むうちに、いつか感じていながら忘れていたことや、本当はこういうことを自分も求めているのではないだろうかと思わせる文章にめぐり合う。「人間は不安を抱えてしまう生き物」「”聖なるあきらめ”で心の平安」「よい思い込みで幸せをつかむ」「人生とは楽しむために与えられている」「”一呼吸おく”ことで人生が変わる」「人柄や人の特徴ではなく、行為をホメる」「事実>影響>感情を言葉に出してホメる」等、含蓄のある言葉が多く盛り込まれている。

  • 心につっかかっていたものがとれた気がした。ぶつかっていた壁を乗り越えるための方法やヒントが満載だった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

鈴木秀子(すずき ひでこ)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。
フランス、イタリアに留学。聖心女子大学教授を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。文学博士。
1980年代 後半に、日本にはじめて、エニアグラムを紹介し、以後日本におけるエニアグラムの第一人者として、高い評価を得ている。
全国および海外か らの頻繁な招聘、要望に応えて、「人生の意味」を聴衆と共に考える講演会、ワークショップで、さまざまな指導に当たっている。
著書に『死にゆく者からの言葉』(文藝春秋)『愛と癒しのコミュニオン』(文春新書)『9つの性格』(PHP文庫)、『シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日 新装版』(海竜社)『機嫌よくいれば、だいたいのことはうまくいく。』(かんき出版)『人はいつか死ぬのだから 小さな「気づき」は人生の恵み』(PHP研究所)などがある。

「2022年 『子どもを「傷つける」のも「癒す」のも親次第』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木秀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
村田 沙耶香
稲盛和夫
桜木 紫乃
ヴィクトール・E...
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×