一流の働き方

著者 :
  • アスコム
3.39
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776208112

作品紹介・あらすじ

一流は、困難なときこそ楽天的である。「忙しい」は、二流の口グセ。「努力」は、他人に見せたときに価値を失う。仕事ができる人は、孤独を恐れない-頭角を現す人の39の条件。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一流の働き方39を紹介。女性を使いこなす人間に仕事は任せられないが一番身に染みる。そして、努力は人に見せつけると価値がなくなるも気を付けたい。

  • 人に優しく。

  • 粘り強く続けられる人が成功する 商売で成功するためには、常に相手の立場になって考えればいい 人間関係において、人は誰でも好かれたいと思っている。しかし、好かれること以上にうれしいのは、自分に関心を持ってもらい、よく知ってもらうことだ 一流の仕事人は、他人の力の借り方がうまい 会社への不平不満は口にしない 本田宗一郎:人間は失敗する権利をもっている。しかし、失敗には反省という義務がついてくる 

  • 一流とは何か、普通

  • 〈本から〉
     「努力」は、他人に見せたときに価値を失う
      仕事でも何でも、確実な成果をイメージしながら
      夢中になれる人間を見ていると、一生懸命という
      言葉は浮かぶが、努力という言葉は浮かびにくい。
      ストレートに充実した空気が伝わってくるものだ。

     「忙しい」は非一流の口グセである
      

  • チェック項目6箇所。本書では、これからの時代に生き残れる仕事人のあり方を「一流の働き方」と位置づけた、一流の働き方のために、まずは孤独を恐れないよう己の武器を見つけ、身につけることだ、それが「あの人だからこそ」の魅力になる。相容れない主張の局面ともなれば、お互いに感情むき出しのシーンもあるだろう、それを「傷つくから」などという感情にこだわるのは、仕事よりも自分の心の安定を優先しているだけ、仕事への冒とくである。傷つけるとか、傷つけられたなどという感情にいちいちこだわるような精神的弱さの持ち主は、成果を上げることなどできない。「欲」が人を進化させる――、「ベスト・アンサー」「ファイナル・アンサー」は、一流の仕事人にはいつまでも存在しない。一流であるか、非一流で終わるか、あるいはそれ以下であるか、私が考えるポイントはただ一点、「自分の仕事の成功を他人が喜ぶか、そして、その他人が喜ぶ姿を見て、それを自分の喜びにできるか」。・客が喜ぶこと、・仲間(社員、協力者)が喜ぶこと、・自分が喜ぶこと、この三つの喜びを目標に努力するのが、一流の仕事人である。

  • 請求記号:159/Kaw
    資料ID:50073546
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ○1000円
    ●雌伏のとき
    ●仕事の『肝』が見抜けるか
    ●読みやすいので頭の体操にちょうど良い

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

生活経済評論家

「2017年 『悠々として、人生を降りる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一流の働き方のその他の作品

一流の働き方 Kindle版 一流の働き方 川北義則

川北義則の作品

ツイートする