英語がほとんど話せない人でも1カ月でそこそこ話せるようになる本

著者 :
  • アスコム
3.09
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776208396

作品紹介・あらすじ

いちばんシンプルでいちばんわかりやすいいちばん確実な方法で英語がわかります!3つの箱を使うと英語は意外と話せるようになる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本だけを読んで英語を話せるようにはならないけど、初心者で英語アレルギーの人だったらこの本は読みやすくていいと思います。

    とてもシンプルな説明なので本当に大体のことしか書かれていませんが英語って案外簡単かもって思わせてくれます。

  • 英語と日本語のずれをちょっとだけ説明してくれる本。
    ほとんど話せないというのは、中高で英語の勉強はしたけど話せない人、くらいのよう。

    でも、ほんとにこれじゃ伝わらないの?という例も多かった。
    英語は主語が無いと伝わらない!と何度も書いてあるけど、主人公の友達が"Something to eat?"(何か食べるものある?)という発言をしてるのを見ると、省略してるじゃん!と言いたくなる。
    "Jogging is good for health."もダメなの?ほんとに?
    そういう言い方してるの聞いたことあるような・・・。

    いまいち信じていいのか分からない本だった。。

  • <全体>
    読みやすい!数時間で1冊サクッと読める。

    英語が苦手な人でもとっつきやすいようにイラストや説明文書を少なくしているので、要点がまとまっていて見やすい本である。

    <個人的な意見>
    やはり初心者向けということもあってもう少し掘り下げたネイティブ英文法の考え方が載っていたら良かったと感じた。

  • この本、いいと思います。
    英語の構造を、日本人が話しやすい形で理解できるよう、解説した本です。

    知識として必要なのは、中学レベルの英語。
    結局、そのレベルの知識があれば、ひとまず英語は話せるってことですよね。

  • この本を読んだからといって、
    1ヶ月で英語が話せるかは疑問です。

  • わかりやすかった。豆しば可愛かった。

  • 分かりやすかったような気がする。ここで出てきたレベルの会話は出来るようになりたいなあ。

全7件中 1 - 7件を表示

英語がほとんど話せない人でも1カ月でそこそこ話せるようになる本のその他の作品

山西治男の作品

ツイートする