自分の給料をいまより上げる方法

著者 :
  • アスコム
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776209133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「日本企業では、給料の金額を決める要素のうち、「個々の従業員が出した成果」はわずか4.6%でしかありません。単純計算で、社内で最も成果をあげている人が「4.6%増」、最も成果をあげていない人が「4.6%減」と考えると、一番できる人とできない人とでは、9.2%しか給料が変わらないことになります。仮にその会社の平均月収を40万円とするならば、一番できる人が41万8000円、できない人が38万1600円です。差額はわずか3万6800円」(p.10)

  • 就業規則を読む

    いいものとわかったら買うべき、投資をすべき

    自主練、短期・長期的な行動目標毎日チェック
    自分の行動を棚卸し

  • 始めは給与明細の見方からはじまり、
    給料が上がる会社の選び方から、会社で活躍して昇給する方法?が書かれている。
    用は、目の前にある仕事をきっちりやる、自分の業務にかかわる内容の勉強等をしっかり行うことが重要だと書かれている。

  • 社会人になってからも、本業への自主練は大切との主旨。最もな意見だと思うし、バスケットをしていた頃の自主練がふいに脳裏をかすめた。やはり自主練してなんぼのもの。他人との違いを出す、また他人より上手くなり、強くなる為には全体練+自主練。仕事とバスケット共通するものがある

  • 自己内利益の黒字化を最優先に考える。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

こぐれ・たいち――作家。一般社団法人 教育コミュニケーション協会代表理事。1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。ビジネス書作家として著した書籍の発行部数は累計167万部に上る。大学の経済学部在学中に『資本論』をわかりやすく解説した本を執筆しロングセラーに。約9年間の会社員生活を経て、現代日本人の「幸せな働き方」を目指し、リアルな現場と経済学の両面から分析・提言する。フジテレビ「とくダネ!」、チバテレビ「りえ&たいちのカイシャを伝えるテレビ」、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書には、『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』(ダイヤモンド社)、『カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話』(サンマーク文庫) 、『超入門 資本論 』(日経ビジネス人文庫)など多数。

「2018年 『人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自分の給料をいまより上げる方法のその他の作品

木暮太一の作品

ツイートする