「空腹」こそ最強のクスリ

著者 :
  • アスコム
3.70
  • (58)
  • (100)
  • (92)
  • (22)
  • (1)
本棚登録 : 1401
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776210191

作品紹介・あらすじ

【ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、疲れ・だるさ、老化にお悩みの方に朗報!】


【ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、健康的な食べ方の新常識!】

最新医学エビデンスに基づく
本当に正しい食事法は、
「何を食べるか」ではなく、
「食べない時間(空腹の時間)を増やす」
たったこれだけがルール!

睡眠時間を上手に組み合わせて
「1日16時間は食べない」だけで、
細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、
全身の細胞がみるみる修復!

この食事法なら、
炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、
ガマンせず好きなだけ食べられるから
ストレスなく健康になれます!

「1日3食しっかり食べているのに、
なぜか体がだるい、疲れている」

「健康に良いとされる食べ物を摂取しているのに、
ぜんぜん効果が現れない」

「カロリー計算や食事の種類に気を使うのは、
性格的にめんどくさい」

「クスリやサプリに頼らず、
怖い病気を予防し、持病を改善させたい」

そんな方はぜひ、
本書で紹介する「空腹パワー」を利用した食事法を試してみてください!


【具体的にはこんな効果が期待できます】

・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
・アレルギーや花粉症からラクになる
・慢性的な疲れやだるさが解消される
・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすかった。

    とりあえずやってみようかな。

  • 著者が聖教新聞に寄せた記事を読んだので、ちょっと書いておく。
    なお、この本は読んではいない。

    簡単にまとめると、一日三食を規則正しく食べると、内臓を休める時間がないので、「一日16時間の空腹時間をつくる」のが、健康法として良いとのこと。
    で、毎日できない人は、週に1回でも十分。

  • 本書で言う「空腹」とは空腹感のことではなく、「ものを食べない状態」のこと。
    これを1日に16時間連続させるるだけで体内の「オートファジー」という仕組みが働きだし、これにより、

    内蔵機能の高まりによる、免疫力アップ
    血糖値の低下による血管障害の改善
    死亡の分解による肥満の解消
    細胞の生まれ変わりによる、廊下の進行の改善

    等の効果が期待できるとの事。
    ちなみに、残りの8時間内では特に食事の量や内容の制限はない。

    そもそも現在当たり前になっている1日3食を著者は「食べ過ぎ」と感じており、前の食事が完全に消化されないうちに次の食物が入ることにより、内臓が慢性的に披露していることが体の調子を狂わせていると主張。
    加えて、食事内容も糖質過多のため、それがさらに体へのダメージを与えているとの事。

    とは言っても、著者はよくある糖質制限をせよ、という事ではなく、糖質はある程度は必要で、それよりも16時間の空腹状態を作る事で、無理なく糖質リセットをした方が良い、としている。

    16時間、と聞くと長いな~と感じるが、本書では睡眠時間と組み合わせることで実行は難しくないし、また、平日の実行が難しいのであれば、週末だけでも実行することで体のリセットが可能としている。また、空腹状態時にどうしても我慢できなければ、ナッツであれば摂食可能ともしており、あまりストイックでないところは好感が持てた。

    なお、16時間法はあくまで予防目的のものなので、現在がんにかかっている、認知症になっている等既に病気になっている人にはNGとも記載されている。最長で24時間の空腹状態を作ることも可能であれば推奨されているが、24時間を超えての実行はNGともなっている。

    在宅勤務が中心の勤務体系の中、実行のハードルが低いように感じたので、さっそくやってみようと思った。

  • 始める前にまず注意して欲しいのは「必ず軽めの運動も併用すること」ただご飯を抜くだけじゃダメです。筋肉が落ちます。

    私は元旦からスタートしたんですが、普段から毎日30分以上の運動を行っていた為か、HIITトレーニングでも一定以上から落ちなかった体重がスムーズに低下。スタート時から-2㎏前後を行き来しています。

    私は朝方の方で16時間断食を毎日しています。元々晩御飯はあまり食べないようにしていたこともあったのでちょうど16時間断食は合っていたようです。

    朝御飯は食べず10時過ぎの休憩時間にバナナやアーモンドを食べ、13時からお弁当。18時までにヨーグルトとスープ等の簡単なもので終わりです。3食食べていた頃は体が重く感じることがありましたが、最近はそれがないので効果は出ていると思います。

    時間さえ守れば全然難しくない方法なので、本気で体質改善/痩せたい方にはお勧めです。

  • 6時に起きて
    10時に朝ごはん
    17時に夜ご飯
    寝る。
    間食はナッツ

    ⇨毎日これが理想。いまは出来ないから土日はやる。

  • 16時間なにも食べない時間を作ることで、いろいろな病気や老化を防ぐ効果があるらしい。

    1週間くらい続けてみたけど、案外無理なく実践出来てる。効果のほどは分からないけど、ちゃんとお腹がすいてから食べると食事が美味しく感じられて良い。

  • 昔から夕飯を食べると翌朝むくみや胃もたれをした。夕飯を抜くと翌朝とても体調がいい。
    昼ごはんを食べても眠くなったりむくんだりするし。
    だからここ数年は昼ごはん抜きにし、夕飯はおかずのみを心がけてきた。とても体が軽くむくみもなくなり体調がよい。
    しかし!昼ごはんを食べないと職場の人が心配のような変な人をみるような顔をする(笑)
    三食食べないのは不健康だと思うからだろう。
    私もなぜ私は夕飯や昼ごはんを満腹食べると調子が悪いのか解せなかったが、健康な食事といのは個々人で違うのだそれがあたりまえだと気づいた。三食食べて健康なひともいれば、1日1食で体調がよいひともいる。
    巷間に溢れる健康法を片っ端から試すより、自分のからだと向き合って一番体調よくいられる方法こそが真の健康法なのだと思う。
    むっしょーーーにインスタントラーメンが食べたい日は食べればいー。体が求めているんだから(ストレスなどの外的要因で過食などになっている場合は除く)
    三食食べてるのに体調よくないぞ、と感じる人はこの本を読んでみるのもいい。自分に一番あった食事法をみつけることが健康への第一歩では?と思う。この方法だって、合わない人もいるだろうし。健康のために躍起になって不健康になるのは本末転倒。周りがなんと言おうと自分の体は自分が一番わかっているのだから、自分の体がベストでいられる方法が正解だろう。

  • オートファージ、病気の予防に空腹は大切。

  • 最後にものを食べて10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられたグリコーゲンがなくなり脂肪が分解され、エネルギーとして使われるようになる。

    そして、16時間以上になると体の中でオートファジーが機能し始めます。

    オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる仕組み」であり、細胞が飢餓状態や低酸素状態に陥ると不要な物や老廃物が一掃され細胞や器官の機能が活性化する。
    また、病原菌を分解・洗浄もしてくれる。

    空腹は1日3食の習慣、食べ過ぎが体に与えたダメージをリセットし、体を内側から蘇らせてくれる。

    まさに空腹こそが最強のクスリ。

  • 1.知人が読んでいたので気になった。たべすが悪いことは知ってたのですが、細かく考えたことはなかったので読んでみたくなった。

    2.なぜ、人間がここまでアレルギーなどの体調不良が多発してしまうのか、栄養管理をしてもなお疲れが抜けなかったり、眠気が襲ってきたりしてしまうのか、本書では空腹時間を設定することで解決できると述べています。そもそも1日3食という生活は江戸時代の肉体労働者が原点です。2食では補えない栄養素を補うことで1日を乗り切っています。つまり、現代人の半分くらいは適切ではないということです。では、何が適切なのかを本書では述べています。

    3.昔読んだケトン体の話に通じる部分があったので、さらに理解が深まりました。昔は1日2食だったことは知っていたのですが、どうしても我慢できず3食食べてしまっています。そのかわり、間食せずにナッツ類で代替するといった取り組みはそのまま活かせそうなので継続していきたいです。ただ、問題点としては、どうやって筋肉を維持するかです。自分は筋トレマニアではないですが、ランニングや体幹をしており、ある程度のスタイルは維持したいと思ってます。今度は筋肉について勉強だなーって思いました。

全135件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

医学博士。あおき内科さいたま糖尿病クリニック院長。自治医科大学附属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て、2015年、青木内科・リハビリテーション科(2019年に現名称に)を開設。糖尿病、高血圧、高脂血症、生活習慣病が専門。糖尿病患者の治療に本書の食事術を取りいれ、インスリン離悦やクスリを使わない治療に成功するなど成果を挙げている。自身も40歳のときに舌がんを患うも完治。食事療法を実践してガンの再発を防いでいる。著書『「空腹」こそ最強のクスリ』(アスコム)は20万部を超えるベストセラーとなる。「コロシアム! ズバッとTV」(TBS)などメディア出演多数。

「2020年 『がんを克服した糖尿病医が考案! 弱った体を修復する 内臓リセット健康法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木厚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
稲盛和夫
恩田 陸
メンタリストDa...
スペンサー ジョ...
トマ・ピケティ
石原 慎太郎
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

「空腹」こそ最強のクスリを本棚に登録しているひと

ツイートする
×