日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術

  • アスコム
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776210580

作品紹介・あらすじ

洗濯ブラザーズ式の洗濯術は、こんなにすごい!

1、クリーニング代が劇的に節約できる!
2、部屋干し臭がなくなる!
3、アイロンがけの手間が減る!
4、服が長持ちする!
5、柔軟剤なしでも、ふんわり仕上がる!
6、お肌にやさしく、家族の健康を守れる!




【どうして最新の洗剤を使っているのに、服がキレイにならないの!?】

それは、あなたの洗濯のしかたが間違っているからです。
でも、あなたに責任があるわけではありません。
誰も正しい洗濯のしかたを教わる機会なんてなかったからです。

じつは、「洗濯機に洗濯物を入れてスタートボタンを押す」だけでは、
服はキレイにならないのです。

この本では、ボクたちクリーニングのプロだから知っている、
本当に正しい洗濯のしかたをお伝えします!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家で洗えるもの=ウール、カシミア、アンゴラ、シルク、綿、麻、合成繊維
    洗えないもの=皮革、毛皮、レーヨン、キュプラ、アセテート、光沢しわ加工のもの

    プレウォッシュ=スプレーで襟に洗剤をかける。
    水、洗剤、衣料の順で入れる。
    洗濯ネットは空きスペースを結ぶ。
    洗濯ものは24時間以内に洗うのが理想。
    ドラム式は、洗剤と水を混ぜたものを使う。
    水量を増やす。ドラム式の場合は、洗濯ものを半分以下にする。
    汗はドライクリーニングでは落ちない。家で水洗いするほうがよい。

    普段洗い、ハードな汚れ、デリケート素材、色物、に分けて洗濯する。
    洗濯槽は一か月に一回洗う。高級アルコール系のクリーナーを選ぶ。
    水の量は多めに設定する。時短コースは水量が少ないので使わない。
    洗いは20分、すすぎは注水で2回、脱水は3分。
    ワイシャツの脱水は1分で十分。しわが付かない。
    1週間以内は汚れ、1週間以上はシミ。
    おしゃれ着洗いは、洗い3分、すすぎ1回、脱水1分。
    早く乾かせば、菌は増えない。
    漂白剤は最後の手段。酸素系漂白剤を使う。40度以上で活性する。

  • おすすめの洗濯方法。ドラム式の場合、洗い20分・すすぎ注水で二回、脱水3分。弱アルカリ性洗剤、柔軟剤は不使用。漂白剤は繊維にもダメージがあるので最終手段で日常使用はしない。ほとんどの汚れは洗剤と適切な洗濯方法で落ちる。日干しはせず、室内で陰干しすること。 

  • ○×クイズで洗濯の常識・非常識をチェック!

    「シャツの襟の黄ばみは、漂白剤で落とす」
    「温かいお風呂の残り湯を使うほうが、キレイになる」
    「洗濯機はタテ型よりドラム型のほうがキレイになる」
    「部屋干しするときは、狭い部屋より広い部屋がいい」
    「スーツ、カシミヤ、シルクの服など、たいていのものは自宅で洗える」

    「ハッピーランドリー!」をミッションに横浜でクリーニング店を営む“洗濯ブラザーズ”が、洗濯が楽しく暮らしがハッピーになるちょっとした工夫を伝授する

    《自分や家族の服を大切にすることは、自分や家族ひとりひとりを大切にすることと同じ、とボクらは信じています。》

    《正しい洗濯術を知って、自宅でケアできるようになると、自然におしゃれの質が上がります。クリーニング代を気にせずに、手入れがめんどうくさそうと敬遠していた服も躊躇なく選べるようになります。》

    冒頭のクイズは○がひとつであとの4つはすべて×
    そのココロは本書にて

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

茂木貴史、茂木康之、今井良の3人で結成し、毎日の洗濯を楽しくハッピーにするための活動をするプロ集団。
横浜でクリーニング店「LIVRER YOKOHAMA(リブレ ヨコハマ)」を経営するかたわら、劇団四季、シルク・ドゥ・ソレイユ、クレイジーケンバンドなど国内外の有名アーティストの衣装クリーニングを行う。
また、オリジナルのナチュラル洗剤を開発し、好評を博している。

「生乾きの臭い」「黄ばみ」「シワ」「シミ」などの洗濯の悩みは、間違った洗い方で起きているもので、ちょっとした工夫で解消する方法を本書では紹介している。
また、キレイに洗えるだけではなく、同時に服を傷めず長持ちさせられるのが、洗濯ブラザーズ式・洗濯術の特徴である。
この方法なら、9割以上の洗濯物は自宅で洗えて、クリーニング代を大幅に節約することができる。

現在彼らは、全国の百貨店、セレクトショップなどでイベントやセミナー、講演を行っている。
毎日の洗濯が、「嫌いな家事」から「好きな家事」になるように、洗濯の楽しさを伝える活動をしている。
メディア出演が急増中。

「2019年 『日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術のその他の作品

洗濯ブラザーズの作品

ツイートする