おそなえはチョコレート

著者 : 小森香折
制作 : 広瀬 弦 
  • BL出版 (2003年9月発売)
3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776400158

おそなえはチョコレートの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • YA向けの本。
    やっぱり、この人の話のもっていきかたが
    とても好き。

  • 最近気になっている作者のお話です。
    小学校低学年かな?の主人公の女の子がゴミ捨て場で拾った喋るぬいぐるみのヘビ「スマスマ」
    彼のおかげで読書の楽しみを知った主人公が図書館に行くと何だかヘンな本とヘンな絵が……
    その黒い本を読むと本当の自分は絵に吸い込まれて抜け殻になっちゃう!?
    あらすじを知らずに借りたのですが、図書館が出てくるとあって「おおおっ」となりました。
    ただ、話の都合上とはいえ利用者の個人情報を漏らしてはいかんよ司書のおねーちゃん(>_<)
    帰りの電車で読みきった上に時間が全然余ってしまった。
    中学年むきかなぁ?
    あー、ちなみにタイトルの意味は、ヘビのスマスマの好物です。
    おそなえすると呪文を教えてくれます。なかなか含蓄のある呪文ですよ。

    絵 / 広瀬 弦
    初出 / 毎日新聞大阪本社版連載

全3件中 1 - 3件を表示

小森香折の作品

おそなえはチョコレートはこんな本です

ツイートする