庭の小径で

制作 : ロウラ ストダート  Laura Stoddart 
  • BL出版
3.93
  • (8)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776400882

作品紹介・あらすじ

一冊の本がひとつの庭を呼び醒ます。それはだれもが心のなかにもっている小さな庭。そこには、一輪の記憶の花がゆれている。なつかしい樹がたっている。繊細さと気品にあふれた絵と、そこから紡ぎ出された言葉とが結晶した、美しい果実のような一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • きたむらさとしさんにしては珍しい作風だなぁと思い、手に取りました。
    ツヴェルガー的イラストは、ロウラ・ストダートさん。
    読み始めはなかなか面白かったのですが、ちょっと長くて飽きちゃいました(^^;;
    そもそも私の庭は愛されてないからなぁ〜┐(´ー`)┌

  • なかなかに味わい深い本です。
    何度か手に取って繰り返し読みたくなる本。

  • 絵も文も、とても素敵な本。
    美しく、そっと心を彩ってくれる。

    ずっと手元に置いておきたい。
    そしてふとした瞬間に読み返したい。

  • 波紋をつくる水滴のような文章と、1枚1枚驚かせてくれる絵が、「いい本との出会いをしたな」と確かに感じさせてくれる、素敵な本^^


  • 凄く可愛いくて素敵な絵本みたいな本なのです。

    ロウラさんの繊細な絵と、お伽噺や・誰にでもちょっとあったような懐かしい1シーンをきたむらさんやが織り交ぜた文がとっても魅力的な一冊。
    とにかく描き込んであるので、1ページ1ページじっと眺めているだけでも楽しいのです。

  • もし庭をかつて失ったことのあるひとが居たらこの本を買うことをお薦めする。自分だけの庭を取り戻せる。誰にも見せることなく。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1956年東京生まれ。1979年にロンドンに渡り、絵本作家となる。イギリスと日本を行き来しながら英日で絵本を出版。二つの異なる文化圏にまて作品を発表し続ける希有な絵本作家。

きたむらさとしの作品

ツイートする