くまさんはねむっています

制作 : ジェーン チャップマン  Karma Wilson  Jane Chapman  なるさわ えりこ 
  • BL出版 (2005年1月発売)
3.79
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776400943

作品紹介・あらすじ

冬眠中のくまのほらあなに、次々とやってくる動物たち。ところが、ねずみがやってきてたき火をしても、野うさぎがやってきてお茶をのんでも、くまは目をさましません。このまま、ねむりつづけるのでしょうか?リズミカルな言葉と、あたたかみのあるイラストレーションがたのしい絵本。

くまさんはねむっていますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冬眠中のくまさん。ある吹雪の日、ねずみがやってきます。けれど火をおこしても、うさぎがポップコーンを食べても、アナグマが木の実を食べ始めても起きません。そこはくまの洞穴なのに集まって騒ぎ始める動物たち。「くまはぐうぐうねむっています」という繰り返しも楽しい冬の絵本です。

  •  何度も繰り返される「くまは ぐうぐう ねむっています。」 という言葉が 周りの様子と正反対で笑ってしまいます。パーティも楽しそうだけど、くまの寝顔がとっても気持ちよさそうで、寄り添って一緒に眠りたくなりました。
     そしてずっと起きていた動物たちと、眠りから目をさましてしまったのに、何だか嬉しそうなくまの様子がとっても可愛いかった。
     雪深い森の寒そうな絵に、ほらあなの中の温かい絵。対照的できれいでした。

  • 5年2組 2011/2/22

  • 回りでみんなが賑やかに騒いでいるのに気づかないくまさん、かわいい。

  • 森の奥の穴の中、大きなくまが眠っています。冷たい風が吹いても、夜の森がゴウゴウうなっても、くまはぐうぐう眠っています。
    その穴に小さなねずみが入り込みました。
    とっても寒いので、ねずみは火をおこしましたが、くまが眠ったまま。
    そこにうさぎがやってきて、ポップコーンを作りましたが、やっぱりくまは眠ったままです。
    アナグマやホリネズミ、モグラ、ミソサザイ、ワタリガラスも加わってがやがや、くすくす。
    それでもくまは眠ったまま。
    ところが、シチューにこしょうをふった拍子に、くまがくしゃみをして・・・
    おこされたくま、なんだか怒っているみたい!?

    静かなほら穴がだんだんにぎやかに明るくなっていく前半。
    くまが起きて、緊張する瞬間。そしてハッピーエンドへ向かいます。
    展開のテンポが良く、文もリズミカルで読みやすいです。

    動物の毛並みの柔らかさ、火の温かさ、物の質感まで伝わってくる綺麗な絵も見どころの一つ。
    外の吹雪と穴の中の暖かさのギャップが良く伝わって、自分も穴の中で暖まっている気分になります。
    冬の森の中で、こんな楽しい光景が繰り広げられているとしたら、楽しそうですね。

全5件中 1 - 5件を表示

カーマ・ウィルソンの作品

くまさんはねむっていますはこんな本です

ツイートする