水色の足ひれ

著者 :
制作 : 大西 ひろみ 
  • BL出版
3.40
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776402107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 落としてしまった足ひれがきっかけでできた友達の縁に心打たれます。

  • 俊也、良太くん、片足義足、海、夏休み、片方預けて帰る

  • 佐藤まどかさん猛プッシュを受け

    足ひれをもらって海にいったら片方なくしちゃって
    地元の男の子片足がないこと仲良くなって
    また来るよ預かっててね
    って話

    いいはなし

  • 子ども同士の友情と、不自由な足と。

  • 小低~中級:読後、さわやかさが残る心地よいえほん。楽しみを共有しながら、友情を深める様子が伝わってくる。

  • 日産のお店に置いてあって、読んだ絵本。
    お母さんも読んでちょっと泣いていた。
    気持ちとしは、あれこれ思うというより、読み終えた後に感じるものがあるって方が近いかな。

  • 請求記号:Eオオニ
    資料番号:020165072
    ぼくは良太君と二人ぐみで泳いだ。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

イタリア在住の児童文学作家。ニッサン童話と絵本のグランプリで大賞を受賞した『水色の足ひれ』(BL出版)でデビュー。
作品に『リジェクション』『ぼくのネコがロボットになった』(ともに講談社)、『コケシちゃん』(フレーベル館)、『一〇五度』(あすなろ書房、2018年青少年読書感想文全国コンクール課題図書)など。

佐藤まどかの作品

ツイートする