うえきばちです

著者 : 川端誠
  • BL出版 (2007年9月1日発売)
3.90
  • (51)
  • (61)
  • (48)
  • (5)
  • (3)
  • 本棚登録 :468
  • レビュー :110
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784776402503

うえきばちですの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはまたなんともシュールな(笑)
    うえきばちにのっぺらぼうを植えてみたら、目が出て鼻が咲いて足からずっと(※あしからず)出て行ったよ、だからまたのっぺらぼうを植えてみた!

    子供も「うわあ~目がでたぁ!」と大受けでした。

  • 立ち読み

    何が芽生えるのか
    わくわくするところなのだが
    下の子は怖がりなので
    え…
    と眉をひそめている
    無言で無理アピールをされたので
    購入ならず
    発想が凄いなぁ
    絵も迫力があるので
    読み聞かせでウケそう?

  • これは二手に別れるだろうな。
    下品と言えば下品だけど、子どもは絶対喜ぶ。
    でもプレゼントは出来ない。

  • 図書館で借り。
    絵本ナビで見かけたのがきっかけ。

    のっぺらぼうの目が出て歯が出て花が咲いて…。ちょっと気持ち悪い絵だけど、なんだか5歳児は気に入ったようで。

  • 表紙からは想像できない内容。子どももゲラゲラ笑っています。

  • 不気味でシュール。
    めくる度にびっくり。

    言葉遊びが面白い。
    胴と毛は最初わからなかった。
    小学校低学年くらいまでの子どもには受けそう。

    読み聞かせで読むならば、じっくり聴いてもらいたい本の前に、かな。

  • 久々の妻の読み聞かせ本。最初の「のっぺらぼうをうえました」って・・・、そこからホラーすぎる。でもこれがページをめくるたびにバカウケだったらしい。最初に芽(目)が出るから「次は何だろう?」ワクワクするんだろうなー。面白すぎだな、この本。

  • うえきばちに植えられたのは…のっぺらぼう。
    顔のパーツと植物の同じ音で言葉遊びのようです。面白いのですが、ちょっと不気味感が否めません(笑)
    (5歳1ヶ月)

  • 最近知った絵本ですが、衝撃を受けました。うえきばちに何かを植えれば、めがでて、はがでて、はながさいて・・・・。何も間違っていませんよね。でも、絵をみてください。何か間違っていませんか。読み聞かせにも使える楽しい絵本です。一度は手に取って開いてみてください。

  • 幼稚園で読んでもらった!と、息子が図書館で見つけて借りました。
    爆笑。
    展開は予測つかなくはないけど、絵に勢いがあって、それで、予測だけにはとどまらず楽しめました。

全110件中 1 - 10件を表示

川端誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・フライシ...
モーリス・センダ...
A.トルストイ
長谷川 義史
かがくい ひろし
平田 研也
有効な右矢印 無効な右矢印

うえきばちですに関連する談話室の質問

うえきばちですに関連するまとめ

うえきばちですを本棚に登録しているひと

ツイートする