ダッシュだ、フラッシュ!

  • BL出版
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784776403364

作品紹介・あらすじ

ちいさなまちにフラッシュとシャッセというにひきのダックスフントがすんでいました。にひきはじぶんたちでたべものをさがさなくてはなりません。なまけもののフラッシュはシャッセにいわれてしぶしぶしごとをさがしにでかけますが…。いぬたちのひょうじょうもゆたかなドン・フリーマンのえほん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ダックスフントの絵本なので迷わず手に取った。最後はなかなかハッピーエンド。 ダックスが可愛く描かれていて結構好き。

  • 怠け者のフラッシュと働き者のシャッセ。
    いつもはシャッセが町の人の仕事のお手伝いをして食べ物をもらっていたけれど、シャッセに今度はあなたが仕事をしてきて、と言われやってみるフラッシュ。
    最終的に市長の電報を届ける仕事をし、早く届けることが出来て褒められる。
    雨の日も風の日も、雪の日も見違えるように仕事をするが、あるとき突然また怠け癖が出てきて、市長さんの職場へ行くのも昼すぎに。
    ドアに挟んであった電報を宛先も見ずにダラダラ歩く。
    とあるおばさんが電報を見て、それはフラッシュ自身宛てだと気づく。
    それは、シャッセに3匹の赤ちゃんが生まれたという知らせだったのだ。

    シャッセがメスだったということを、最後の方で知った。
    途中で怠け癖が復活する、というのは見ていてハラハラした。

  • 絵がかわいい。
    天職ってあるのかも。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ドン・フリーマン 1908年、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。高校卒業後、サンディエゴ美術学院に入り、21歳でトランペットとスケッチブックを持って、北米横断の旅に出る。ニューヨークでジャズトランペッターとして生計をたてながら、アート・スチューデンツ・リーグで絵を学ぶ。1951年、息子のために妻リディアと共作した絵本を出版。以降、絵本作家として、代表作の『くまのコールテンくん』(偕成社)をはじめ、『とんでとんでサンフランシスコ』(BL出版)『ダンデライオン』(福音館書店)など多くの絵本をのこした。1978年没。

「2019年 『やぎのグッドウィン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドン・フリーマンの作品

ツイートする